Contentfulに新機能リスト形式のフィールドが追加できるようになりました!

2020.10.30

Contentfulに新機能が来ました。

今まで「n個のテキストを一つのフィールドに動的に追加する」ということができなかったのですが、先日リスト形式のフィールドが新しく追加されているのを発見。

言葉だとわかりづらいので、実際にやってみます。

リスト形式のフィールドを追加する手順

まずContent modelから新しいフィールドを追加します。

Contentful Screenshot

フィールドタイプは「Text」を選択

Contentful Screenshot

「List」にチェックを入れます。これで1つ以上のn個の値を追加できるフィールドが利用可能になります。

Contentful Screenshot

下記のようにフィールドが追加されていればOKです。

Contentful Screenshot

記事投稿画面に遷移してみると、いつもの一行テキストフィールドのようなものが追加されています。

Contentful Screenshot

フォームにいくつか適当なテキストを入力して、エンターを押してみると、記事の関連タグみたいな感じで追加できました。

アプリ側でGraphQLの出力結果を確認してみます。

入力したテキストが配列で返ってきている! ひとまず簡単に追加ができました(Key-Valueで登録できると開発がもっとやりやすくなると思うのですが、将来に期待!)。

ユースケース

上記の例のように、記事に複数のタグやカテゴリ、ラベルをつけたい時に重宝するかと思います。

これまではjsonオブジェクトやコンテンツ動詞の紐付けといった方法でしか実現できなかったことが可能になりました。あまりCMSに慣れていない人でもこれは使いやすそうです。

日々機能が追加され進化するContentfulにwkwkが止まりません。