CSA Data UploaderのUI改善を行いました(プログラム実行ジョブ)

2022.04.20

はじめに

クラスメソッドが展開しているデータ統合基盤サービス『CSアナリティクス』(以降"CSA")のプロダクト群の1つ、『Data Uploader』をメジャーバージョンアップ(v2.0)しました。バージョンアップの内容はジョブ画面のリニューアルによるUI改善、エクスプローラ機能の追加となります。

今回はリニューアルしたジョブ画面のうち、プログラム実行について紹介したいと思います。

プログラム実行とは

CSA Data Uploaderでは作成出来る「ジョブの定義」に幾つかパターンが存在します。「プログラム実行」はその中の一つであり、『CSA Data UploaderをインストールしたOS環境下にある任意のプログラムを実行』する処理を実現します。

「プログラム実行」については以下の過去エントリーなども参照ください。

プログラム実行ジョブの作成

実際にリニューアルした画面でプログラム実行ジョブを作成し、新しくなった画面を紹介していきます。シナリオとしては、ローカルにある任意のプログラムを実行するものとします。

ジョブ一覧より[ジョブを作成]を押下します。

[ジョブの追加]ダイアログが表示されるので、任意のジョブ名を入力し、ジョブ種別に[プログラム実行]を選択して[作成]ボタンを押下します。

ジョブ一覧に作成したジョブが表示されるので、そのジョブ名を押下します。

[ジョブ詳細]画面が表示されます。この画面は今回リニューアルしました。画面右側に灰色の表示枠が追加されました。ここにこの後追加する、実行するプログラムが表示されます。[編集]を押下します。

実行するプログラムを編集するためのダイアログが表示されます。テキストボックス内に実行する任意のプログラムを入力し、[保存]を押下します。

入力したプログラムが画面右側に灰色の表示枠に表示されます。ジョブの実行スケジュールや詳細などを入力して[保存]を押下するか、即時実行したい場合は[保存して実行]を押下して、プログラム実行ジョブの作成を終了します。

まとめ

CSA Data Uploaderでリニューアルしたプログラム実行ジョブの紹介でした。

なお、CSA Data UploaderのUI改善については、メジャーバージョンアップ(v2.0)のタイミングで以下の画面・機能についても対応を行っています、合わせてご覧頂けますと幸いです。

CSA Data Uploaderは1ヶ月間のトライアル利用が可能となっています。興味をお持ち頂いた方は是非無料版ダウンロードページからインストーラを入手頂き、お試し頂けますと幸いです。