AWSやSaaSを活用した情シス業務のワザとは?ひとり情シス注目のリアルイベント #cmdevio2018

10/5(金)に秋葉原でエンジニアがAWS技術をプレゼンテーションするイベント。クラスメソッド情シス担当の植木は「クラスメソッドを支える情シスをテーマに話します。AWSやSaaSを利用した情報システムは成長する会社をどう支えてきたのか?

10月5日(金)に秋葉原で開催する「Developers.IO 2018」では、多種多様なAWS技術についてエンジニアがプレゼンテーションを行います。700名以上がエントリーしているこのイベントの各コンテンツ情報などを紹介するため、シリーズで記事を書いています

今回はシリーズ第15弾です。イベントで「クラスメソッドを支える情シス」をテーマにレクチャーするクラスメソッドのIT推進室長・植木和樹のコメントを公開。植木は全社への情報システム導入やAWS環境の運用設計および提案を担当しています。

植木和樹

AWSやSaaSを利用した情シス業務のワザ

情報システム部門は全社に関係する「IT全般」に関わります。関連する業務はPC、営業、経理、労務、マーケと様々になってきています。また求められる技術スキルも、各種オフィス機器を始め空調、サーバー、ネットワーク、プログラミングと意外にフルスタックです。

本セッションでは成長し続ける会社やリモートワークといった制度を、AWSや各種SaaSを利用した情報システムがどう支えてきたか、あとはクラウド時代における情シスの役割的なエモい話をします。

  • ユーザー管理(Active Directory、SSO、SAML)
  • ネットワーク(WAN、LAN、VPN)
  • 労務(SmartHR、MF経費)
  • オフィス機器管理
  • リモートワーク(Chat、TV会議)

情シスの中の人、ITで業務改善を検討している人にはおすすめです。

10月5日は秋葉原UDXへ!

情シス業務にフォーカスした「クラスメソッドを支える情シス」のセッションは、10月5日(金)17:00〜17:40に秋葉原UDXでの開催です。情シス業務をグレードアップしたい方は、秋葉原で植木と握手!

※当日はどのセッションも満席近い状況が予想されます。立ち見となる場合もございますが、あらかじめご了承ください。

お申し込みはこちら
プロモーションコード“devio2018”を入力すると1000円オフ!

*他のスピーカーやセッション紹介は「Developers.IO 2018を徹底的に楽しむ」シリーズ記事一覧