[レポート]SORACOM基礎セッション ~基調講演をより良く理解するために~ #discovery2020

SORACOM Discoveryとは?

2020年7月14(火)にSORACOM Discovery2020がオンラインで開催されました。 SORACOM Discovery 2020@ONLINEは以下のようなイベントです。

SORACOM Discoveryは、株式会社ソラコムが主催する日本最大級のIoTカンファレンスです。

2016年の初回開催より年々規模を拡大し、デジタルトランスフォーメーションがもたらす未来、IoTの最新トレンド、ビジネス活用事例、IoTプラットフォームSORACOMの最新サービスを、IoT先駆者の皆様とご紹介しています。

世界情勢の急激な変化により、需要と供給が極端に抑え込まれ、これまでにない社会的かつ経済的な混乱を誰もが経験しました。私たちはこの不透明な時代に対して、ビジネスにおいて、何を変え、何を守るという判断をすべきなのでしょうか? 短い期間での急激な変化ではありましたが、社会も企業も個人も少しづつ新しい時代に順応しています。 世界が変わる。自分も変わる。 IoTやAIなどのテクノロジー活用で既成概念を覆すアイデアを実行しているゲストと、オンラインで全国からご参加いただく参加者と共に、予測できない変化が起こり続ける時代のニューノーマル、新たな常態や常識に順応する指針を見つけましょう。

オンラインでセッションに参加させてもらいましたので、セッションレポートをお送りします。

SORACOM基礎セッション ~基調講演をより良く理解するために~

スピーカー

  • 株式会社ソラコム テクノロジー・エバンジェリスト:松下 享平 氏

セッション概要

「今だからこそ知っておきたいIoT」そして「IoTとSORACOMの関係とは?」といったIoTの基礎をご紹介します。日々、進化するIoTを取り巻く環境を一気にキャッチアップし、この後に続く基調講演、さらには他のセッションをより良くご理解いただけます。

セッションレポート

自己紹介とセッション説明

基礎セッションはMaxさんから、本日のSORACOM Discoveryをより楽しんでもらうための、SORACOM概要やSORACOM Discoveryについてのセッションとなります。 Maxさんは、本日、静岡の自宅からリモートで登壇しており、まさに様々な拠点からオンラインで開催されていることが実感できます。

オンラインセッションの画面はこのようになっています。 メイン画面、サブ画面、ソーシャル画面、現在のセッション内容が表示されており、非常にわかりやすいです

SORACOM Discoveryとは?

  • SORACOMが主催している日本最大級のIoTカンファレンス
  • 今回で5回目の開催、今回のテーマは「世界が変わる。自分も変わる。」
  • 新しい時代に適応していく
  • IoT/AIなどのテクノロジーを活用して、今までとは異なるアイデアを実行している方々に登壇いただき、発見していただく

なぜ今 IoTなのか?

  • 「IoT」とは?
    • 昔はIoTの後にモノのインターネットと書かれていたが最近はない
    • 何で出来ているか?
      • センサー/デバイス:モノ
      • アプリケーション
      • モノとアプリケーションを繋ぐネットワーク
      • 必ずこの3つが揃っている
    • モノやコトをデジタル化:現場を知る、現場を動かす
  • 事例紹介
    • ダイキン工業様
      • 天井取付の空調機器をカメラで遠隔点検、ビル管理を効率化した
      • カメラで機器内部の状況を撮影し、SORACOM Airで送信、清掃時期を判定
    • 石垣島製糖様
      • 納期の位置情報からサトウキビ収穫状況を把握
      • SORACOM SIMで、島全体に散らばる収穫期の位置情報をクラウド連携
  • モノ/アプリケーションの部分を繋ぐネットワークに課題があった
    • 通信機能、セキュリティ、クラウド活用、ネットワークなど
    • この課題を解決するため、2015年9月30日にSORACOMが誕生
  • 事例紹介
    • JOHNAN様
      • エアコン周辺装置の遠隔監視にSORACOM Lagoonを利用
      • ドレン処理装置の状態を、遠隔監視、適正なフィルタ交換のタイミングを自動でお知らせ
      • 4ヶ月で実現した
    • ポケットチェンジ様
      • 余った外貨を電子マネーやギフト券に交換。空港・ホテルなどにキオスク端末を設置
      • SORACOM Napterで全国各地に設置した端末をセキュアに遠隔メンテンナンス
  • 短期間で「デジタルトランスフォーメーション(DX)が実現可能になった
  • 大企業もIoTに注目し、実際にIoTに取り組んでいる

SORACOMはIoTの「つなぐ」を簡単に

  • 代表は玉川 憲さん
  • 事業概要は、IoTプラットフォームの提供を行っている
  • 2017年8月にKDDIグループの一員になった
  • SORACOMのパラダイムシフト
    • モノ⇔インターネットではインターネットを通る前提で、モノ側にセキュリティの配慮などが必要だった
    • SORACOMは、インターネットとクラウドの順番を逆転させた
    • モノからクラウドへ直結する仕組みもあり、SORACOMはその仕組をうまく使っている
  • SORACOMはIoTの「つなぐ」を簡単に
    • コネクティビティ:あらゆる現場をつなげる無線データ通信
    • デバイス:IoTをより身近にし、すぐに使える「リファレンスデバイス」
    • ネットワーク:セキュアなIoTシステム構築を高速に実現するネットワークサービス
    • アプリケーション:最先端のクラウドを利用したIoTシステム開発を支援するアプリケーション
    • インターフェース:1〜数十万回線でも管理/開発可能なインターフェース

SORACOMのサービス(※SORACOM Discovery2020 基調講演前)

SORACOM Discoveryをより理解する4つのキーワード

IoT SIM

  • あらゆる現場をつなげる無線通信:SORACOM Air
    • セルラーとLPWAの2つを提供
      • 2G/3G/LTE、LTE-M、Sigfoxなど
    • どこでも繋がる無線通信
    • IoTビジネス向けの料金体系
    • セキュリティや付加機能
    • そのためには、SIMが重要
    • 加入者や契約回線を識別するための世界でユニークなID(IMSI)が記録されているICチップ。セルター通信には不可欠なモジュール
  • SORACOMでもIoT SIMを提供しており、それがSORACOM IoT SIM
    • 日本を含む世界140を超える国と地域で繋がる
  • ソースネクスト様事例
    • POCKETALKでSORACOM IoT SIMが利用されている

VPG

  • IoTにおけるセキュリティの不安がある
  • モノの隣にクラウドがあり、クラウドのセキュリティがまず存在する
  • 安心して利用してもらえるネットワークを提供している
  • VPGはお客様毎に作成できる「専用ゲートウェイ」
  • VPCを通過する通信に様々な設定が出来る
  • VPGで出来ること
    • 通信の制御
      • 外宛の制御
      • 固定アドレス割当
      • SORACOM Junctionでパケットのミラーリングやルーティングの制御ができる
    • 閉域網の活用
      • Amazon VPCで閉域網:SORACOM Canal
      • 専用線で閉域網:SORACOM Direct
      • VPNで閉域網:SORACOM Door
      • 閉域網+デバイス間の通信:SORACOM Gate
    • IoT向けのセキュアネットワークの構築が可能になる

IoTテクノロジーの民主化

  • 特定の個人や企業、業界が専有するのではなく、誰もが幅広い形で利用できる
  • 法人・個人問わずオンラインで購入可能
    • 購入の単位:1回線〜
    • 契約の単位:1日〜
  • 様々な契約形態を用意している
  • SORACOMの操作はWebのコンソールでオンラインで可能
    • 通信回線の管理や設定
    • SIMやデバイスの購入
    • 使用状況や請求、支払いの管理
    • お問い合わせ
  • 岡崎様事例
    • エビの養殖池の水温を遠隔モニタリング。
    • SORACOM Lagoonで可視化
  • デバイスも民主化
    • LTE-M搭載IoTボタン:SORACOM LTE-M Button
    • 4種のセンサー+LTE-M:GPS マルチユニット SORACOM Edisiton
    • エッジAIカメラソリューション:S+ Camera Basic

SORACOM民主化に向けての歩み

アルファベット

SORACOMのサービスは、リリース順で頭文字がアルファベット順になっており、本日の基調講演ではOとPが発表されそうですね。もしかしたらそれ以上発表されるかもです。

参加する準備

  • オンラインイベントで「変わる」
    • 基調講演:ライブ配信
    • テクニカルセッション:オンデマンド配信
  • オンライン交流で参加
    • 匿名で気軽に質問
      • Sli.doで質問してください!
      • sli.do/jp
      • アクセスコード:#discovery2020
    • 具体的にご相談
      • Facebook、TwitterのDMで個別に相談してください!
    • ソーシャルネットワーク
      • FacebookやTwitterで交流する!ハッシュタグは「#discovery2020」
      • 資料公開の最新情報
      • SORACOMリポーターによる実況
      • 登壇者の生の声や質問も!
      • IoTの仲間探しにも!
    • コミュニティに参加する!ナイトイベントは今日18:15〜
      • 初参加の方大歓迎!
      • 事前申込み無し!

まとめ

Maxさんによる基礎セッションでは、SORACOM Discovery2020の楽しみ方、SORACOMの基礎、なぜIoTの民主化なのかというお話で、午後のセッションにより深く入るための非常に分かりやすく、楽しいセッションでした。午後のセッションも楽しみにしております。