[レポート]基調講演: 世界が変わる。自分も変わる。 #discovery2020

SORACOM Discoveryとは?

2020年7月14(火)にSORACOM Discovery2020がオンラインで開催されました。 SORACOM Discovery 2020@ONLINEは以下のようなイベントです。

SORACOM Discoveryは、株式会社ソラコムが主催する日本最大級のIoTカンファレンスです。

2016年の初回開催より年々規模を拡大し、デジタルトランスフォーメーションがもたらす未来、IoTの最新トレンド、ビジネス活用事例、IoTプラットフォームSORACOMの最新サービスを、IoT先駆者の皆様とご紹介しています。

世界情勢の急激な変化により、需要と供給が極端に抑え込まれ、これまでにない社会的かつ経済的な混乱を誰もが経験しました。私たちはこの不透明な時代に対して、ビジネスにおいて、何を変え、何を守るという判断をすべきなのでしょうか? 短い期間での急激な変化ではありましたが、社会も企業も個人も少しづつ新しい時代に順応しています。 世界が変わる。自分も変わる。 IoTやAIなどのテクノロジー活用で既成概念を覆すアイデアを実行しているゲストと、オンラインで全国からご参加いただく参加者と共に、予測できない変化が起こり続ける時代のニューノーマル、新たな常態や常識に順応する指針を見つけましょう。

オンラインでセッションに参加させてもらいましたので、セッションレポートをお送りします。

基調講演: 世界が変わる。自分も変わる。

スピーカー

  • クックパッド株式会社 買物事業部 エンジニア:今井 晨介 氏
  • 株式会社星野リゾート 情報システムグループ グループディレクター:久本 英司 氏
  • ソースネクスト株式会社 代表取締役社長:松田 憲幸 氏
  • KDDI株式会社 取締役執行役員専務 ソリューション事業本部長:森 敬一 氏
  • 株式会社ソラコム 代表取締役社長:玉川 憲

セッション概要

私たちの生活、教育、ワークスタイル、あらゆるところにテクノロジー活用の波が一気に押し寄せてきました。注目度の高まるIoT技術とその活用は、スタートアップ-大企業といった企業規模の枠を超え、デジタルトランスフォーメーションを加速する取り組みへとつながっています。本セッションではSORACOMのIoT通信プラットフォームの進化をご紹介、そしてパッションを持って事業変革に取り組むゲストと共にIoTビジネスの最前線をお届けします。

セッションレポート

オープニング:SORACOM様

玉川さんから基調講演の紹介です。 New Normalの世界は予測不能が連続して起こる世界であり、あらゆる企業、スタートアップにとって生き残リ戦略大事であり、またこの変化が、新しいビジネスチャンスである。

そのために必要なのは、Passionが大切。何か成し遂げたい、世の中の役に立ちたい、プロダクトを作りたい、そのためには新しいことにTryすることが大切。

今日は、素晴らしい登壇ゲストに登壇していただきます。

世界が変わる。自分も変わる:星野リゾート様

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の観光業への影響

  • 1月はまだ、それほど影響がなかった。
  • すこしずつ影響がでたのは2月くらいで主に中国のお客様からキャンセルが入った
  • 大きく影響がでたのは、3月後半で東京の感染者が増えてから
  • 緊急事態宣言の4月には、稼働率が10%〜15%にまで落ち込んだ
    • インバウンドに至っては99%減になった
  • 星野リゾートとしては3月後半に大きな決断をした。この状況が18ヶ月続くことを覚悟した
  • 感染者数により、自粛と緩和が波のように起こると予測
  • 需要の波をよみ続け対策をうち続けていく事が必要
  • 販売戦略や運営戦略だけではないく、プロダクトであるホテル・旅館の見直しが必要となった
  • 今までは、地域魅力、上質感、美味しい食事だったプロダクト要求が安心安全になり、プロダクトの要求も変わった
  • 以下の観点で、3密回避と衛生管理を徹底した滞在に全力シフトした
    • チェックイン・チェックアウト
    • スタッフ
    • 食事・レストラン

大浴場の可視化

  • 混雑状況の見える化の背景
    • 唯一ゲストが密集しやすい大浴場安心安全な場所にする必要が出てきた
    • 現在の利用状況の可視化と予測が必要
    • 最初は下駄箱をカメラで写してゲストに判断してもらう
      • プライバシー的にアウトでは?
      • IoTを用いて見えないものを見えるようにする
      • 情報システムユニットが実現する能力を持っていることを社内にアピールするチャンス
      • 三密回避滞在はテクノロジで解決できる課題も多い
  • 大規模可視化プロジェクトの要求
    • 既存のソリューションの課題があった
      • 自前Webアプリの連携
      • スピーディな改善
      • デザイン性
      • 容易な設置
    • PoCなしのいきなり本番運用
    • スピード感が必要となり、4/18日にアイデアをまとめてその日のうちにパートナーであるMAGLABさんに相談

大浴場可視化プロジェクトの成果

  • MAGLAB様とのパートナーシップでワンチーム
  • 現場出身のPO1年目スタッフの奮闘
  • 入社半年若手エンジニアの挑戦
  • 総支配人自ら現地設置・検証
  • 当初2施設検証導から15施設に拡大
  • 最後はメンバー自ら組み立て作業に参加
  • 詳しいお話は、8/5日のHello SORACOMで!

星野リゾートが大きな変化に対応出来た理由

  • 危機下での強いリーダーシップ
    • 代表の星野さんの強いリーダーシップが最初の一歩
    • 18ヶ月後には終りがある危機であること、収束後は需要が戻ると断言してくれた
  • 明快な戦略と明確な行動指針
  • フラットな組織文化
    • スタッフが自律的にアイデアをだし、動くことが出来た

情報システムは何をできたか

  • 何をしたか
    • 長期戦略を白紙にした
    • コストカット
    • 日々変わる優先順位の対応
  • なぜできたか
    • 変化に強い組織準備をしてきた
      • 内製化指向
      • チーム開発
      • 変化に強いプラットフォーム
      • 経営陣との一体感の醸成
      • 経営判断プロセスの仕組化
  • 全力で取り組むモチベーションが高く、内製メンバー中心で対応できたのでキャシュアウトも最小に抑えることが出来た

まとめ

  • 世界が代わり、我々はどう変われたか
    • 変化しなければサバイブできない
    • 危機下のリーダーシップ
    • フラットな組織文化による戦略の早期立案、実行、改善をできた。どうなるか考える前に行動する
  • 新たなチャンスも出てきた
    • チャンスを活かすために変化し続けなければいけない
  • この危機を乗り越えた経験は、必ず星野リゾートの力になる

質問

  • どうやって、フラットで変化に強い組織を準備してきた?
    • Ganhoと言われる組織文化が下支え。全社的に危機に対応できた
    • チームとして備えが出来ていた。DX実現するには組織がデジタル化能力が必須
    • 現場を理解した上で、デジタル化する能力を自分たちで持つ

グローバルプラットフォームへの進化:SORACOM様

  • IoT SIMの進化
    • 140を超える超える国と地域に対応
    • 複数の通信規格、マルチキャリアをサポート
    • フジテック様が海外のエレベーター監視で正式採用
    • GROOVE X様のLOVOTでもSORACOMが採用されている

世界が変わる。自分も変わる:ソースネクスト様

  • 「ポケトーク」シリーズ累計70万台突破した
  • 2020年7月8日にポケトークSシリーズに「ポケトークS Plus」が発売された
  • ポケトーク購入の決め手
    • グローバルSIMがポケトークの大きな強みになった
    • 35%以上、およそ1/3以上の人が語学学習で利用している
  • 新型コロナウィルスの対応
    • ダイヤモンド・プリンセス号への提供
    • 米国・欧州でポケトークを寄贈
  • POCKETALKがNewsWeekの表紙に登場
  • この3ヶ月間は、試練というよりも大きな変革の時期だった
  • 3ヶ月で創業以来最大の投資を行った
    • AI搭載Web会議用カメラ「Meeting OWL」:500万ドル
      • 360° カメラ、マイク、スピーカーを搭載
      • 独自のAIで声や動きを認識
      • 話者にオートフォーカス
      • 幅広いWeb会議サービスに対応
      • 接続や設定がかんたん
      • 2020年7月31日発売
    • 最先端の空気清浄機「Molekule Air Mini +」:1000万ドル
      • 光で分子を分解するPECOフィルター
      • スタイリッシュなデザイン
      • 10畳まで使える強力パワー
      • メンテナンスが簡単
      • 専用アプリでどこでも操作可能
  • ソースネクスト社のミッション:製品を通じて喜びと感動を世界中の人々に広げる
    • 様々なイノベーティブな製品を今後も提供していきたい

質問

  • 新しい投資をしているが、こういう時こそチャレンジするべきと考えているか?
    • どういう時代でも売れる製品を扱うのが大切
    • スピードと多角化が重要
      • Meeting OWLは3/5日にCEOにお会いした。50日で契約締結
      • Molekuleも含め2つ同時を75日ですすめるには、テレワークをフルに活用して実現することが出来た
  • 新しいアイデアの源泉はシリコンバレーから来ている?
    • シリコンバレーだけではなく、社員一人一人からアイデアをもらっている
    • アイデアが中心ということを常に伝えている。いいアイデアがあれば採用していくことを常に話している
    • いかにお客様がよろこんでいただけるかを考えイノベーティブな製品を開発していく

グローバルプラットフォームへの進化:SORACOM様

  • ソースネクスト様をはじめ、様々なお客様からのフィードバックをもらい改善を繰り返している
  • グローバルのSIMも良いものになっているが、まだ課題がある
  • グローバルSIMを利用しているお客様の声
    • 国によってはデータ通信単価が高く利用しにくい
      • APACでは欧米に比べると割高
    • 使いたい地域で対応していない
    • 対応キャリアをより拡充してほしい
  • ソラコムのビジョンは「グローバルコネクティビティ」で新しい産業を作るその実現のために大幅な機能アップデートを行った

サブスクリプションコンテナ:新発表!

  • コンテナはクラウドの仮想化技術で使われる
  • 軽量なコンテナを用いてアプリ実行環境を構築。運用を可能にしている
  • この概念をIoT SIMに導入

  • SORACOM IoT SIMに追加できるサブスクリプション
    • plan01s:プライマリ:世界140超の国知地域をカバー、多くの地域に複数キャリア対応で欧米で特に割安な通信料金
    • planX1:新登場:KDDI回線に対応、日本の通信料金約90%off
    • planP1:新登場:APACでの割安な通信に対応、APACの通信料金約70%off
      • APACの20カ国に対応
      • 14カ国で約70%値下げ
      • 日本国内ではソフトバンクに繋がる
  • 1枚単位で
  • サブスクリプションは最適なものに自動的に切り替わるようになっている
    • シャープ様でもGPSモジュールに採用されている
  • サプスプリクションを入れても各種SORACOMサービスも変更無く、透過的に利用することができる
  • ランデブーポイントを日本、米国にも置くことで通信系を最適化していたが、閉域網サービスはドイツのVPGにしか配置出来なかった
  • グローバルSIMを使うと、VPGの配置先がドイツにしか置けなかったが今回日本、米国にも配置することができ、お客様の環境により近いポイントにVPGを起動可能になった。

世界へ挑むグローバルDX:KDDI様

IoTの市場が大きくなっており、KDDIの回線も1200万回線を突破した

  • 近年では海外に拠点を置く日本企業のDXが進展している
    • 水力発電
    • 工場
    • 工業団地
    • コンプレッサー
    • エレベーター
  • 世界をつなげるグローバル通信プラットフォーム
  • 各国の通信キャリアと連携。「つながるクルマ」のグローバル通信プラットフォームを提供している
  • 世界で300万台を突破しており、日本、米国、中国、そして他の地域へ
  • 全世界24時間365日の監視体制を以下の拠点で体制を作り提供
    • 東京
    • 北京
    • ホーチミン
    • ロンドン
    • ニューヨーク

世界中の"モノ"が繋がるIoT世界基盤

  • つながるクルマ:コネクティッドサービス
    • TOYOTA
    • MAZDA
  • あらゆるものがつながるIoT:工場・ビル設備。・家電・建設機械など
    • TOSHIBA:東芝エレベーター様で、海外拠点エレベータ遠隔監視サービス
    • HITACHI:日立産機様で、産業用インクジェットプリンタ稼働状況監視
  • 2020年3月に、「IoT世界基盤 グローバルIoTパッケージ」を提供開始
    • SORACOMのサービスを利用することで小規模からスタートできる
    • 大規模になった場合は、KDDIがデータの設計・構築、ネットワーク構築、法規制調査など長期で使えるIoTビジネスを提案する
  • 2020年6月に企業向けの閉域網「WVS」に対応
    • SORACOMのネットワークとKDDIの閉域網サービス「WVS」が融合し、グローバルでセキュアな通信を提供する
  • KDDIは、SORACOMとともに世界へ挑む「グローバルDX」を実現するIoTプラットフォームの開発と運用に今後も全力で取り組んでいきます

質問

  • グローバルでお客様がIoTをつないでいくのにどんなチャレンジをしていきますか?
    • 最後のお客様がいることを意識して、ネットワークの部分を提供する。それをグローバルでやっていく
  • コロナによってグローバルのコネクティビティはどう変わる?
    • 離れたところから遠隔で監視したり、モニタリングすることが益々重要になってきている。
    • 国内でも海外でもニーズが高まる

SORACOM新サービス発表:SORACOM様

CTOの安川さんから、新サービスの発表がありました。今回、発表されたのはOとPのサービスになります!

SORACOMのロードマップと開発サイクル

  • 2015年のローンチ以来2週間に1度のリリースを行っている
  • これまで、148回のアップデートを行い、16のサービスを提供
  • SORACOMアプリケーションの例
    • データ転送支援:SORACOM Beam
    • クラウドアダプタ:SORACOM Funnel
    • クラウドファンクション:SORACOM Funk
    • データ収集・可視化:SORACOM Harvest
    • ダッシュボード共有:SORACOM Lagoon
  • 共通しているのは、デバイスからのデータをクラウドに橋渡ししている
  • AGC様
    • SORACOM Lagoonでダッシュボード化
  • お客様からのフィードバック
    • デバイスからデータのフォーマットを変換してから転送したい
    • アプリケーションはそのままに無線通信区間のデータ転送量を減らしたいしたい
    • レスポンスを変換してからデバイスに渡したい

新サービスSORACOM Orbitの発表!

  • これまでの課題
    • デバイスの送るデータがバイナリでクラウド側で扱いづらい
    • デバイス側でクラウドで扱いやすいフォーマット(Jsonなど)を使うとデータ通信量が増える
  • SORACOM Orbitではこの課題を解決する
    • デバイスからデータにお客様提供のロジックを適用してから転送
    • デバイスにもクラウドにも手を入れることがない

SORACOM Orbitのサービスページはこちらになります

ネットワークレイヤーについて

  • SORACOMではVirtual Private Gateway(VPG)でお客様のシステムと閉域接続ができる
    • 専用線:SORACOM Direct
    • VPN:SORACOM Door
    • Peering:SORACOM Canal
  • 閉域網だけではないVPGの用途がある
    • インターネット通信の制御
      • ソースIPアドレス固定
      • アウトバウンドフィルタ
    • Beam/Funnel/Funcのための専用リソースとして活用できる
    • パケットキャプチャや監視のためのパケットミラーリング
    • Iotシステムの本格運用の時に必要な機能が満載なのがVPG
  • お客様からのご要望
    • 閉域網接続は不要なので、もっと安価にVPGの機能を使うことはできませんか?
    • 専用線やVPNをもっと安価に利用できませんか?
    • より複雑なネットワーク構成をシンプルに実現する方法はないですか?
  • VPG Type-E:新発表!
    • 閉域接続以外の各種機能をサポート
    • 従来比80% off
  • VPG Type-F:新発表!
    • 全てのネットワークサービスに対応
    • AWS Transit Gateway対応
    • 従来比83% off

次世代VPGのサービスまとめ

  • お客様のフィードバック
    • トラブルシューティングなど、必要なときだけパケットキャプチャしたい
    • キャプチャのために閉域網接続やサーバーの準備をするのは大変

新サービスSORACOM Peek発表!

  • オンデマンドでキャプチャを提供するサービス
  • SORACOM Peekの利用イメージ
    • 必要なときだけパケットキャプチャをリクエストしたい
    • 例として通信量が想定より多いので無駄なやり取りがないか調べたい
      • 1.パケットキャプチャをリクエスト
      • 2.指定された期間パケットをキャプチャ
      • 3.ファイルをダウンロードして解析
    • デバイスの通信の内容を必要な時に必要なだけ見られる
    • 通信量が想定より多いので無駄なやり取りがないか調べたい
    • トラブルシューティングとか調査で活用できる
  • SORACOM Peekの対象リソースは2つ
    • VPGを指定して実行:VPGを追加する全パケットをキャプチャ:本日から利用可能
    • SIMを指定して実行:当該SIMが送受信するパケットをキャプチャ:今後数ヶ月以内に提供予定

SORACOM Peekのサービスページはこちら

本日発表した、OrbitとPeekで合計18のサービスをこれから提供していく

パッションの実現をするためのテクノロジーの民主化:SORACOM様

  • Passionがチームを動かす
    • 素晴らしいプロダクトの裏には素晴らしいリーダーと素晴らしいチームがある
    • こういったPassionが世の中を変えていく
    • 革新的なプロダクトほど失敗する確立も高い

  • 失敗はできるだけ早くFail Fastしたほうが良い。パッションがあれば何度でもチャレンジできる
  • SORACOMはPassionとFail Fastを支えるプラットフォームでありたい
    • 安価な従量課金
    • Webで1枚〜すぐ利用開始
    • セキュリティ考慮済み
    • 全てのサービスでAPI利用が可能
    • 進化し続けるサービス
    • 世界中で使えるスタンダードなもの
  • お客様の声
    • テプコシステムズ様:サービスをすぐに、安価に試すことができる。問合せの回答がとにかく早い。このスピード感は非常に助かっています。
    • ニコン・トリンブル様:従来、調達から開通まで10営業日必要でしたが、SORACOMでは1〜2日で到着し、Webコンソールの操作ですぐに通信開始ができます。結果、在庫コストはほぼ0円になりました。
    • ヤンマーアグリ様:SIMカードの適時調達と適切なコスト管理ができました。アプリケーションの連携でも、SORACOM APIの活用で効率的開発が可能になり、スピーディーにプロジェクトが進みました。
    • 亀岡電子様:データの見える化にSORACOM Lagoonを利用し企画から2ヶ月でソリューションが提供できました。

クックパッドマートSORACOMを使って高速プロトタイピング:クックパッド様

cookpad mart

  • 「毎日が楽しみになる、食材店」美味しい食材をスマホで注文し自宅近くの店舗や施設で受け取れる生鮮食品ネットスーパー
    • 現在は、東京と神奈川の一部で利用できる
    • 最寄り駅と自宅の間の近所で受け取りができる。ピックアップ型の配送が特徴
    • 受け取りステーションは、各ステーションのオーナー様から間借りしている
    • ニュープラントと言われる特殊な物流網で配送コストを最小限に抑えている
    • 一品から配送料ゼロ円で提供可能

クックパッドマートとIoT

  • IoTデバイスが欠かせない
    • ラベルプリンタ
    • 温度トラッキング
    • 受け取り冷蔵庫
  • 全てのプロダクトを自社で開発している。
  • SORACOMがあってはじめて成り立つサービス
  • ハードウェアの知見はなかったが、ソフトウェアだけでは実現したい世界ができない
  • 様々な技術を取り込み、新しい挑戦をするには自分の得意な領域から出ていく

事業立ち上げに心強いSORACOM

  • 新規事業にはSORACOMが欠かせない
  • 部品を翌日に納品してくれ、開発、テストに重宝した
  • ラベルプリンターは、10ヶ月で4回のアップデート
  • 受け取りステーションも18ヶ月で3回のアップデート
  • 実現できたのは、SORACOMの柔軟性があったから
  • 遠隔で状態を把握し商品の安全を監視できる形になっている

今後の展開

  • 東京メトロ様、LOWSON様やデベロッパー様に協力をいただき100ステーションを超えてきている

IoTテクノロジーの民主化への取り組み:SORACOM様

片山さんからIoTテクノロジー民主化のお話です。

IoTテクノロジーの民主化には、コストの壁、テクノロジーの壁などの敷居がある。ソラコムだけの努力では敷居を下げられないので、様々な方と協力して敷居を下げていく

エコシステムの力で敷居を下げる

  • SORACOMプラットフォームを使ってもらっている方々
    • ソラコムユーザー
    • エンドユーザー
    • ソラコム
    • パートナー
      • SPSパートナー
        • 現在630社を超えるパートナー様がいる
          • デバイスパートナー
          • ソリューションパートナー
          • インテグレーションパートナー
          • ネットワークパートナー
      • IoT SELECTION
        • パートナー様のSORACOM事例のソリューションをそのまま提供
        • サブスクリプションモデルで即利用可能
        • 現在、20のソリューションを提供

ハードウェアの敷居を上げる

  • LTE-Mと乾電池で「どこでもボタン」を実現:SORACOM LTE Butoon
  • 一つのデバイスで、GPS、温度、湿度、加速度センサー搭載バッテリ内蔵IoTデバイス:SORACOM Edition
  • 今年からSORACOM IoTストアを提供している
    • SIM、教材、産業用途デバイスまで1つから購入できる
    • デバイスを活用するためのレシピを提供している
      • 準備から設置までの手順を無料で公開

ソリューションで敷居を下げる

  • S+(サープラス)シリーズとしてソリューションを提供している
  • 第1段として、S+ Camera Basicを提供した
    • 通信モジュールとラズパイが入っている。電源をさすとクラウドにデータを上げることができる
    • カメラに対してアルゴリズムをリモートで入れることが出来る
    • プログラマブルなカメラ
    • Public Betaとして一般発売開始
      • 初期:79,800円/台
      • 月額:2,200円〜/月
      • Google Colal Edge TPUサポート
      • サンプルアルゴリズムの拡充
      • USBカメラの利用が可能
  • S+ Smart Notifiction
    • 消費材残量のデジタル化ソリューション
    • 残量を検知し、しきい値を超えると通知を行う
      • amazon dashと連携し自動発注なども行える
    • 消費動向把握IoTパッケージを提供

まとめ

  • IoTの敷居を下げる取り組みは色々行っている
    • SORACOMプラットフォームの拡充
    • 利用者事例/フィードバックの拡大
    • パートナー様による幅広い支援
    • 事例ベースの用途別ソリューションの提供
    • 始めやすいハードウェアとソリューション郡
  • 是非、IoTの敷居の下がったところでIoTにトライしていただきたい

企業のデジタルトランスフォーメーション:SORACOM様

  • 大企業のお客様のSORACOM活用
    • 自走型のチームを持っている
    • プラットフォームの最大活用
    • パートナーエコシステム巻き込み
    • Fail Fast
  • 自走型のチームではあるけど、SORACOMのプロに入ってもらってスキルトランスファーしてもらい早くやりたいという要望がある

SORACOMプロフェッショナルサービス:新発表!

エンタープライズでのIoT活用において、IoTプロフェッショナルコンサルタントがSORACOMサービス、パートナーエコシステムの活用を支援するサービス

  • サービス活用支援
  • IoTシステム設計開発支援
  • プロジェクト推進支援

既にいくつかの企業様に提供しているサービスをより活用していただく

One more thing

  • 0G
    • 低速/低用量のアプリケーションに適した通信技術
    • 低電力、低コストのモジュール
    • Sigfox:サービスが益々拡大
  • 0Gセンシング
    • 0Gが適した屋外環境でバッテリー稼働させるアプリ領域
    • 物流、設備監視、自動検針、農業、見守り、宅配ボックスなど
  • SORACOM Air for Sigfox
    • Sigfoxをプラットフォームでサポートしており、グローバルでも利用可能
    • 0Gの短所を補うために、ときにLTE-Mなども相補的に利用している

    使いこなすと素晴らしい0Gセンシングですが、いくつかお客様からの声も頂いている

    • お客様の声
    • 0Gセンシングのノウハウがない
    • デバイス、通信、クラウドで一気通貫の設計が必要
    • 0Gセンシングの通信デバイスがまだまだ数が少ない
  • SORACOM エンジニアリングサービス:新発表!
    • 0Gセンシング向けデバイスの開発〜量産を支援する
    • ソラコムのパートナー・エコシステムの協力を得て開発・量産
    • SORACOMの知識/経験を活かした最適なデバイス設計
      • SORACOMプラットフォームへの処理のオフロード
      • 異なる通信技術の使い分け/混在
    • トータルで様々な支援を行う
  • SORACOM アイコンセットも v1.8にアップデート!

まとめ

各社様のIoTにおけるDX実現のリアルなお話と、SORACOM様の新サービスが一気に発表されました。特に星野リゾート様のお話は非常に現場のイメージができるお話でした。これからのIoTの民主化に向けて様々なパートナーの方々と協力しながら、IoTの敷居を下げIoTにチャレンジしやすくし、Passionをもってチャレンジし失敗を素早くし、学習し再度Passionを持ってTryをしていくということを各企業様が実践しており、さらにIoTの民主化が進んでいくのでは無いでしょうか。