GitHub Copilot Labsで「If this error happens repeatedly check that you are logged into GitHub and have access to both Copilot and Copilot Labs.」というエラーが出る際の確認ポイント

2023.03.30

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、CX事業本部 Delivery部の若槻です。

以前に VS CodeにGitHub Copilotを導入してみました が、その実験的な機能や新規追加予定の機能をGitHub Copilotのコンパニオン拡張としていち早く試すことができるGitHub Copilot LabsというVS Code拡張も提供されています。

今回は、このGitHub Copilot Labsを試そうとしたところエラーに遭遇したので、その対処方法をご紹介します。

前提

下記のエントリーの内容を実施し、VS Code環境でGitHub Copilotがすでに利用可能となっています。

事象

GitHub Copilot Labsは、VS Codeのアクティブウィンドウで選択中のコードに対して説明文の生成(EXPLAIN)や、コードの変換(LANGUAGE TRANSLATION)などボタンクリックだけで行うことができます。

しかしこれらの機能を試そうとしたところ、下記のようなエラーが発生しました。

[EXPLAIN]で[Ask Copilot]ボタンをクリックすると下記のエラーメッセージが表示されました。

Error generating Copilot response, please try again. Changes in the prompt or stop sequence might fix this. If this error happens repeatedly check that you are logged into GitHub and have access to both Copilot and Copilot Labs.

[EXPLAIN]で[Ask Copilot]ボタンをクリックすると下記のエラーメッセージが表示されました。

Error generating Copilot response. Try the same request a few more times or highlight a shorter snippet of code. If this error happens repeatedly check that you are logged into GitHub and have access to both Copilot and Copilot Labs.

またコードをブラッシュアップするボタンをクリックしても何も起こらず、[TEST GENERATION]でテストの生成も行われません。

原因、対処

原因は、VS CodeにサインインしているGitHubユーザーアカウントがGitHub Copilot Labsアプリを許可していないためでした。GitHub Copilotとは別途アクセス権限の設定が必要でした。

GitHub Copilot Labsの要件一覧にサインアップが必要とあります。

リンクをクリックすると、GitHub Copilot Labsのトップページに遷移します。[Sign up for Copilot Labs]をクリック。

するとアプリケーション(GitHub Next)の許可画面が表示されます。[Authorize Next Waitlist]をクリック。

GitHub Copilot Labsのサインアップ画面が表示されます。[Sign up]をクリック。

サインアップできました。

事象が解決したかどうか再度試して確認してみます。

するとコードの説明が表示されました。解決したようですね。

またTypeScriptからPythonへのコードも変換も行えました。

ボタンクリックによるコードのブラッシュアップが行えるようになり、テストが生成されるようになりました。

おわりに

GitHub Copilot Labsで「If this error happens repeatedly check that you are logged into GitHub and have access to both Copilot and Copilot Labs.」というエラーが出る際の確認ポイントについてのエントリーでした。

GitHub Copilot Labsへのサインアップが必要でしたので、忘れないようにしましょう。

以上