SSMオートメーションを試しました

2022.05.10

SSM(Systems Manager)は、AWSのインフラを確認・管理することができます。SSMは、アプリケーションや環境ごとにリソースを整理したり、CloudWatchと連携してダッシュボードや運用データを監視することで、インベントリを整理する。SSMは、1つまたは複数のEC2インスタンスに対してあらかじめ定義されたコマンドを実行してインスタンスの状態を変更したり、EBSボリュームのアタッチ/デタッチ、スナップショットの作成、パッチやアップグレードの適用などの運用操作を自動化し、効率を高めることも可能であります。

オートメーションにより、以下のことが可能になります:

  • インスタンスとAWSリソースを設定・管理するためのオートメーションワークフローを構築します。
  • カスタムワークフローを作成するか、AWSが管理する事前定義されたワークフローを使用します。
  • Amazon Cloudwatch Eventsを使用して、オートメーションタスクやワークフローに関する通知を受け取ることができます。
  • Amazon EC2やAWS Systems Managerのコンソールで、オートメーションの進行状況や実行内容を監視することができます。

SSMオートメーションの使用例

  • 一般的なITタスクの実行
  • 一括タスクを安全に実行する
  • AMIをアップデートする

Hands-on

Step1: コンソールで システムマネージャー のページを開く.

Step2: 変更管理の「オートメーション」をクリックします。

Step3: 「オートメーションの実行」をクリックします。

AWS-AttachEBSVolume", "AWS-PatchAsgInstance", "AWS-CreateImage" などの定義済みドキュメントがあり、これらのドキュメントはバックグラウンドでタスクを実行するためのロジックで構成されています。また、カスタムドキュメントを使用して、要件に基づいた独自のロジックを記述することもできます。

Step4:必要なドキュメントを選択し、nextをクリックします。今回は "AWS-CreateImage "ドキュメントを使用します。

ここでは実行形式を選択しますが、私はSimple Executionを選択しました。

Step 4:インスタンスIDを選択し、「実行」をクリックすると、タスクがすべての作業を完了する間、コーヒーを飲みながらくつろいでください。

すべてが順調に進めば、成功のメッセージが表示されます。

EC2->AMIでAMIを確認することができるようになります

まとめ

SSM オートメーションは、AWS Systems Managerの機能で、EC2、RDS、Amazon Redshift、S3など、AWSサービスの保守、導入、修復の一般的なタスクを合理化、自動化します。

レファレンス