iPad Pro で Adobe Creative Cloud Mobile Appsと戯れてみた

2016.03.01

はじめに

こんばんわ。清田です。
いや〜やってきました。iPad Proさん!

ファーストインプレッションはデカイです。思った以上にディスプレイが大きいです。ディスプレイサイズとしてはMacBook13インチくらいあると思います。ただデカイだけでワクワクがとまりません。さてさて、それではいろいろ触れていければと思います。

ipad-pro-pen-base-001

iPad Proのスペック

まずは触っていく前にiPad Proの主要ななスペックを振り返ってみたいと思います。

項目 内容
本体サイズ
  • 高さ : 305.7 mm
  • 幅 : 220.6 mm
  • 薄さ : 6.9 mm
本体重量
  • Wi-Fiモデル : 713 g
  • Wi-Fi + Cellularモデル : 723 g
本体カラー
  • シルバー
  • ゴールド
  • スペースグレイ
ディスプレイ 12.9インチ(Retinaディスプレイ)
解像度 2,732 x 2,048ピクセル(264ppi)
OS iOS 9
CPU A9Xチップ(64ビットアーキテクチャ搭載)
センサー
  • Touch ID
  • 3軸ジャイロ
  • 加速度センサー
  • 気圧計
  • 環境光センサー

ディスプレイサイズに目が行きがちですが、搭載しているチップやセンサーもかなりのものを積んている感じですね。

その他の機能の詳細については以下よりご確認ください。

公式サイト : iPad Pro 仕様

Smart Keyboard

iPad Proと同時期に出た、純正キーボード「Smart Keyboard」を触ってみます。

正面からたたずまい

ipad-pro-pen-keyborad-001

なかなか凛々しいたたずまいですね。

ipad-pro-pen-keyborad-002

Mac Book Proとなれべてみても、ディスプレイのサイズはほぼ同じ印象でした。

※左 : iPad Pro 、右 : Mac Book Pro

Smart Keyboardの感触

キーボードは意外に柔らかく、キーの反発感はそこまでありませんでした。優しく戻ってくる感じです。Mac Book等のキーボート反発を期待しているとあれ?って感覚になります。

横からのただずまい

ipad-pro-pen-keyborad-003

Smart Keyboardのカバーを折りたたみ、iPad Pro を支える形状です。それなりにiPad 側に重さがあるのでバタンと倒れるかも?っておもったのですが、しっかり支えてくれています。

Apple Pencil

次はiPad Pro用のペン。Apple Pencilを触れてみたいと思います。

ipad-pro-pen-001

実際のペンの長さ的には通常のペンより長い多少長い感じでした。

実際に書いてみる

Apple Pencilの特徴としてペン筆圧と傾き検知し、ドローイングの描画を変えてくれるセンサーが内蔵されているみたいで、メモアプリで検証してみました。

ipad-pro-pen-002

垂直に線を引きながら、ペンを押し込む度合(ペン筆圧)いよって線の濃さが変わりました。実際の紙に書いている感覚と近い感じだったため驚きました。

ipad-pro-pen-003

次に傾き検知ですが、ペンのタイプを変えて斜めに傾けて書いてみると上部の矢印の用に傾きを検知して 書き心地としては反応も上々で思ったより自分は気に入りました。

ipad-pro-pen-004

ペンシル側も充電が必要で、充電方法はLightningコネクタをiPad Proに差し込むようです。なかなかにシュール。。。

やっと本題。

iPad Pro のデバイスに戯れ過ぎて多少脱線しすぎましたが、やっと本題です。

現在 Adobe Creative Cloud にはいくつかのプロダクトがありますが iPad Pro や Apple Pencilに対応したiPad アプリがいくつか公開されています。

アイコン アプリ名 内容
Comp CC レイアウトデザイン
Photoshop Sketch ビットマップドローイング
Illustrator Draw ベクタードローイング
Capture CC ブラシやベクター画像を作成
Photoshop Fix 写真のレタッチ
Photoshop Mix 写真の合成
Lightroom mobile 写真の整理、編集、共有

Adobe Comp CC

今回ピックアップするアプリは、Comp CCを取り上げてみたいと思います。

Comp CC は、iPad 上でレイアウトからデザインカンプまでを手書きで作成することを コンセプトに作られたアプリとのこと。

それでは実際にアプリをインストールして、起動してみたいと思います。

注意点 : 全ての機能を使うためにはAdobe Creative Cloudのアカウントが必要になります。

アプリを立ち上げる

アプリを起動後以下のような画面が表示されます。

ipad-pro-pen-app-001

そして[ + ] ボタンのところをタップすることで、新規プロジェクトを作成します。

ipad-pro-pen-app-002

プロジェクトの形式を選択するダイアログが表示されます。今回はiPhone6を選択してみます。

ipad-pro-pen-app-003

プレーンなボードが表示されます。上記の白い長方形のところがカンバスエリアになります。

ipad-pro-pen-app-004

それではカンバスエリアに指でなぞってみます。

ipad-pro-pen-app-005

すると指でなぞった箇所がシェイプとして描画されました!なかなか気持ちいいインタラクションです。 実際の作成フローとしては指で、シェイプなどを作成しレイアウトを組んでいくみたいです。

ipad-pro-pen-app-006

画面左上部にいろいろなコンポーネントが用意されています。シェイプだけでなく画像やテキストも挿入できるみたいです。

アプリメニュー

ipad-pro-pen-app-007

  • A: アクションのやり直し(redo)
  • B: シェイプの挿入
  • C: テキストの挿入
  • D: 画像などのグラフィックを挿入
  • E: ファイルのアップロード
  • F: カンバスに対する詳細設定
  • G: 上下メニューの表示・非表示を切り替え(フルスクリーン)

編集メニュー

ipad-pro-pen-app-008

画面下部に挿入したシェイプにカラーなど編集を行えるメニューがあります。

ipad-pro-pen-app-009

  • A: カラーの指定
  • B: 不透明度の設定
  • C: ストロークの設定
  • D: レイヤーの重なり順序指定
  • E: 削除
  • F: 複製、ロックなどの操作

アプリを使いこなせるようになると、iPadでこちらのようなデザインカンプまで作成できるとのこと!

ipad-pro-pen-app-010

注意:こちらはアプリ内にあったデザインカンプのサンプルです。

Adobe Creative Cloud Mobile Apps 今後の期待

最近 Adobe社ではPhotoshop等今までのアプリケーションのバージョンアップはもちろんですが iPad Pro などの新しいデバイスでの作業フローへのアプローチも活発になってきているように見受けられます。

Project Comet

現在Adobe社ではComet(プロトタイピングツール?)の開発が進んでいたりして、作業用PCとモバイルデバイス間での新しいフローができたりするんではないかなと密かに期待しています。