JAWS FESTA 2023 in Kyushuでコールアンドレスポンス(という名のLT登壇)をしてきました #jawsfesta2023 #jawsug

JAWS FESTA 2023 in Kyushuでコールアンドレスポンス(という名のLT登壇)をしてきました #jawsfesta2023 #jawsug

Clock Icon2023.10.10

みなさんこんにちは、広報室のたいがーです。

先日福岡工業大学で開催されたJAWS FESTA 2023 in Kyushuで実行委員ながら懇親会のタイトルを本気でつけて、LT大会に選抜していただきました。(ちなみに誰の登壇かは伏せて、公平に投票で選ばれました。)

今回の懇親会のLTはタイトルのみでの募集(概要欄はなし)だったので、話したいことを全部入れ込みました。

その結果ついたタイトルは、"絶対コミュニティに入った方が人生も楽しくなるのを初参加の人に伝えたい"です。いかにもコミュニティ推しのタイトルですね。

コミュニティの楽しさを改めて伝えたかった

今回のLTで一番伝えたかったことは、"コミュニティにビビらないでほしい"ということでした。結果的にテンションが上がってビビらせる感じがするLTをしたのはさておき、学生時代に初めて参加した時に懇親会の雰囲気が怖くて、開始30分で帰ってしまったことがあります。しかし、コミュニティは"さまざまな人に出会える場であり、社内以外でも同じ興味がある仲間を見つけられる貴重な場である。その上で登壇したらもっと楽しくなる。"ということを改めて感じてほしいと思い、資料を作りました。

今回、大学生の参加者の方もいるということで、自分が学生時代の自分に伝えたかった話をさせていただきました。私は10歳上の兄がいたので、他の同世代と比べても幼少期から大人に囲まれてきたのですが、それでも懇親会の雰囲気が少し怖く感じていました。社会人が騒いでいる空間というものに疎外感を感じてしまったのです。

ただ社会人であるかどうかのフィルターをかけて見ていたのは自分なんだなぁと今となっては感じているので、楽しんだもの勝ちだと改めて伝えたかったのです。確かに成長していないわけではないんですが、大学1年生の時には4年生が大人に見えたけど、実際中身は何も変わっていないのと同じなんですよね。ただ、"みんな楽しんでいるだけなんだよ"が伝わればいいなと思っています。

(若干叫んでいる私の印象だけが残っていないか不安なのですが笑)実際私自身もコミュニティに参加して、さらに社会人になってより楽しく感じられることも増えました。今回参加した学生の皆さんも、社会人になってからも是非参加し続けてほしいです。

急遽足した、7枚のスライド

個人的に"懇親会のLT"というものはすごく難しくて、会場の前の方は聞いてくださっている感じがあるんですが、会場の後ろの方になればなるほど"懇親会"に引っ張られる方が増えてしまいます。前から見えていないということはあると思いますし、"懇親会を楽しんでいただきたい"という気持ちはあるので全然良いことなのですが、登壇者としては寂しいなぁ…と正直思ってしまうところがあり。

さぁ、どうしようか…とLT大会が始まってから考え、とりあえずCALL AND RESPONCSEをやりました。急遽足したのでスライドの誤字がありましたが、敢えてそのままにしておきました。

最終的に頼ったのは、聞いてくださる方の"声"。コミュニティの力、とも言えるかもしれません。なんか盛り上がっているらしいと感じるとみんな興味が惹かれるのでは…と思ったので、一緒に盛り上がってもらって、楽しんでもらう。結果的に、それだけで今回のLTの目的は達成できたのかなという気持ちがあります。言っていることが若干矛盾しているような気がしますが、その辺は楽しんでいただけたという点で目を瞑ってください…

ハードルを上げすぎずに登壇をやってみてほしい

私自身は広報であり、エンジニアではないので、技術的な内容で登壇することはあまり得意ではありません。正直、学生時代以降に技術的な登壇をやっていない気がします。ただ他に得意分野が別であるので、そこで力を発揮できればと今回のLTもさせていただきました。

技術力の高いメンバーがいて、自分なんか…と思うかもしれません。私みたいにエンジニアじゃないけど登壇している人もいます。あなたが検証をした上でのつまずき、エラーに悩まされて超えた努力は誰かの心の支えになるかもしれない。それを伝えられるのが"登壇"なのです。逆に困っていることがあったら、それもLTなどで発表しちゃっていいのです。人に伝わるようにまとめる、それだけであなた自身の学びにもつながります。

登壇、いい感じに思えてきませんか?思えていたら嬉しいです。

今は、オンライン登壇などいきなり大人数の前で話さない方法もあります。ただ個人的には出来れば勉強会は登壇後の議論に一番面白さがあると思うので、是非オフラインイベントで登壇してほしいです。初めてで慣れていないのであれば、それを伝えちゃえばいいのです。初めてを経験してきたメンバーも多いからこそ、すごく優しく迎え入れてくれるはずです。

今回の私のブログや登壇が何かのきっかけに繋がれば嬉しいです。

オフラインイベントはやっぱり楽しい

4年ぶりに開催されたJAWS FESTA。私は前回のJAWS FESTA 2019 SAPPOROは参加していないので、久しぶりのJAWS-UGの大型オフラインイベントでした。

実行委員として事前準備から参加させていただき、当日も司会から懇親会LTまで楽しく過ごさせていただきました。

たいがー氏の成長を感じますね

←2019
→2023 pic.twitter.com/oU2FyF9Ki3

— しめじ / Kaga (@TAKA_0411) October 9, 2023

当日のLTでは写真撮っていただいていたのですが、態度だけじゃなくて、中身も変わっていきたいものですね!!!!!笑(JAWS DAYS 2019は大学2年生だったはず。)

以上、たいがーでした!

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.