Lookerの可視化(Vizualization)で何が出来るか確認してみる – 放射状ゲージ(Radial Gauge)編 #looker

2020.07.30

Lookerでは、対象となるデータ理解するための様々な可視化(Visualization)機能が利用可能です。

当エントリは、Lookerの可視化機能で利用可能なグラフの1つである『放射状ゲージ(Radial Gauge)』について、その概要と『どんな見せ方が出来るのか』について見ていきたいと思います。

目次

 

放射状ゲージ(Radial Gauge)とは

放射状ゲージ(Radial Gauge)は、Looker 7より「Looker Marketplace」経由で導入・利用が可能な可視化形式です。

この可視化を使うと、弧を描く放射状のゲージで目標値と実績値の進行状況を表示することが出来ます。

KPIパフォーマンスを進行状況・セグメントの様々な設定がスタイルとして設定出来、目標値として「任意のメジャー」または「ハードコードされた値」のいずれかを指定可能です。ゲージの表示領域である「円弧」に関しては角度を自由に変更可能です。

この可視化を使うには、最低限1つのディメンション、1つのメジャーが必要となります。メジャーは最大で2つまで利用可能です。

 

可視化実践

では実際に可視化を試してみましょう。まずはプラグインのインストールから。Lookerメニュー右上、Looker Marketplaceから検索窓で「Radial Gauge」を検索、遷移します。

プラグイン紹介ページに遷移、「install」を押下。

ライセンス同意ページに遷移、「Accept」を押下。

インストール内容のページに遷移、「Accept」を押下。

文言設定等のページに遷移、上記の項目はExploreページでのメニュー項目選択内容となります。内容確定後「Install」を押下してプラグインのインストール完了です。

可視化に用いるデータを用意します。ここでは、前エントリ同様に2020年における私個人のブログ投稿データを用意してみました。データを表示させた状態で表示形式で「Radial Gauge」を選択します。

車のスピードメーター・燃料計の様なゲージがデータと共に表示されました。

各種設定項目を見てみます。[Plot]ではグラフ表示の在り方などを設定可能です。[Radial Gauge Angle]では初期設定値=180度の扇形ゲージの角度を任意の値に変更することが出来ます。その他は★バーゲージ(Bar Gauge)同様、値の範囲指定、グラフ要素の見え方の表示制御などが行えます。

[Style]タブではグラフの色表示指定を切り替え可能です。Segmentにちなんだ内容に変更すると、値の在り方に応じた色指定も行えるので分かりやすいです。

[Target]タブでは値の指定内容を任意の方式に変更することが可能です。この辺りは★バーゲージ(Bar Gauge)のものと流れは同じです。メジャーを2つ用意することで、同時にそれらの値を表示させることが出来ます。

[Value]タブでは実績値に関する設定の表示内容について切り替えを行うことが出来ます。

 

まとめ

というわけで、Lookerの可視化機能で利用可能な『放射状ゲージ(Radial Gauge)』に関する内容のご紹介でした。

「進捗状況」を表す可視化表現にも色々ありますが、今回紹介した放射状ゲージ(Radial Gauge)も1つのアクセントとして是非活用してみてはいかがでしょうか。