クラスメソッドの「ブログの歴史」を振り返る

2020.03.02

「Developers.IO」は、クラスメソッド株式会社が運営するブログです。2011年07月の開設以来、2020年03月現在で8年8ヶ月の歴史があります。

当エントリでは、その歴史をザッと振り返ることの出来るコンテンツをまとめてみました。

目次

 

クラスメソッド株式会社とは

まずはじめに、Developers.IOを運営する弊社「クラスメソッド株式会社」について。

これに関しては、以前まとめたこちらのエントリが多岐にわたって情報を整理しており、把握しやすいかと思います。

また、袴田山本 一郎おおはしりきたけの「ワイが語っていく」シリーズについても、当時の状況を詳細に語り尽くしていて非常に読み応えがあるものとなっています。是非ご一読を。

 

Developers.IOが出来るまで

「クラスメソッド株式会社」及び「Developers.IO」の歴史は、創業者である横田聡の歴史でもあります。2014年には世界でも僅かしかいない「AWSコミュニティヒーロー」に選出。

仕事に関すること、また会社に関することなどを積極的にSNSで発信しています。2019年06月末には、会社の軌跡を振り返るこんなツイートも。

「ブログ」や「コミュニティ」については、クラスメソッド創業後早い段階から取り組みが為され、また良いサイクルを生んでいました。下記の記事は2009年時点のものですが、当時から「ブログ」(この時は個人ブログ)のアウトプットすることを継続していました。

こちらは2013年にまとめられたもの。現在の「Developers.IO」を開設して徐々に注目がなされて来た時点での横田(クラスメソッド)の見解・思いを垣間見る事が出来ます。

 

Developers.IOの歴史

「Developers.IO」は2013年にAWSコンサルティング部(現在のAWS事業本部の前身)が発足してから、その本数や存在感を徐々に大きくしていきました。年間投稿本数は年を追う毎に増えていき2013年には既に年間1000本台、そして昨年2019年は年間5000本超えを達成しました。(※参考:アーカイブ | Developers.IO )

以下に、当時の記録を振り返る事が出来る振り返り・まとめエントリを並べてみました。こうして見ていくことで、Developers.IOでメンバーが皆でブログを書いていき、合わせてチームや企業・売上の規模を拡大させて来たことが実感出来るかと思います。

 

社風とDevelopers.IO

「Developers.IO」がこれだけの圧倒的なボリュームのブログを日々量産出来てきているのも、母体となるクラスメソッド株式会社の社風・体制があるからこそと言えます。そんな「社風」と「ブログ」を絡めた内容については、AWS事業本部 本部長の佐々木 大輔が定期的に情報をアップデートする形で社内外に啓蒙・展開しています。以下、代表的なものをまとめてみました。これらをお読み頂くことで、クラスメソッドがブログをどの様に活用・展開しているかがお分かり頂けるかと思います。

 

インタビュー記事

ここまでのエントリは主に(ほぼ)Developers.IO内のものでしたが、他社企業様からのインタビューでクラスメソッド社員がブログに関するインタビューを受けているものも幾つか存在します。代表的なものが以下の記事です。これらのやり取りをお読み頂くことで、Developers.IO及びクラスメソッドをより深くご理解頂けるのかな、と思います。

 

まとめ

という訳で、Developers.IOの「歴史」に関するブログエントリのまとめでした。

Developers.IOの現在は一朝一夕に出来たものではなく、これだけの年月、これだけの質と量のブログが積み重なって出来たものです。それら積み重ねの一端がこのエントリ群を読んでいくことで実感する事が出来ましたら幸いです。