Apple M1チップ搭載のMacで、ARMネイティブビルドのオフィス(Excel)を試してみた

Office Insider プログラム で提供されていた ARMネイティブ版ビルドの MSオフィス(Excel)、 Apple M1チップを搭載した 新しい Mac miniで試してみました。
2020.12.11

AWSチームのすずきです。

2020年11月に発売された、Apple M1チップを搭載した 新しい Mac miniを利用して、 ARMネイティブビルドの Excel(Microsoft 365 アプリ)を試す機会がありましたので、紹介させて頂きます。

実行環境

  • モデル: Mac mini (2020)
  • チップ: Apple M1
  • メモリ: 8GBユニファイドメモリ
  • ストレージ: 256GB SSD
  • 価格: 92,800円(税別)

Microsoft 365 設定

Office Insider プログラムに参加し、ベータチャネルを有効にすると ARMネイティブ版へのアップデートが可能になります。

AutoUpdate設定

「詳細設定」を開き、更新プログラムチャネルを「ベータチャネル」に設定します。

2020年12月10日時点のベータチャネル、Microsoft Excel は 「16.45.2012.0903」 への更新が可能でした。

アーキテクチャ確認

アクティビティモニタを利用して、アーキテクチャを確認しました。

更新前

更新前のアーキテクチャ表示は「Intel」、Rosetta 2 を利用した動作でした。

更新後

ベータチャネルにアップデート後のアーキテクチャ表示は 「Apple」、ARMネイティブ動作になりました。

比較

Excelの 「A列1行」のセルを約50万回ループで更新するVBS(マクロ)を用意。 新しい Mac Mini で Intel用とARMネイティブ版の実行時間を測定しました。

検証コード

Sub TimeCount()
    Dim i As Long
    Dim s As Single
    Application.Range("a1").Select
    s = Timer
    For i = 1 To 524288
        ActiveCell.FormulaR1C1 = i
    Next i
    MsgBox (Timer - s)
End Sub

Intel バイナリ

アーキテクチャー バージョン チャネル 実行時間(秒)
Apple(ARM) 16.45.20120702 ベータ 20.65869
Intel (x86) 16.43.20110804 最新 39.0917

新しい Mac Mini の 実行時間、ARMネイティブ版 は Intel(Rosetta 2)版と比較して、約 1.9倍 高速でした。

MBP (2015)

CPU 実行時間(秒)
Apple M1 (Apple) 20.65869
Apple M1 (Intel) 39.0917
Intel Core i5 (2.7GHz) 94.26172

新しい Mac Mini のARMネイティブ版の実行時間、従来の Intel CPUを搭載した MBP(MacBook Pro 13inch Early 2015)との比較では、4.5倍 高速でした。

比較グラフ

  • 実行時間が短いほど高速

まとめ

簡単な検証コードでの比較でしたが、Apple M1 チップを搭載した Mac 環境、 ARMネイティブ版の オフィスアプリを 高速に実行できる事が確認できました。

お手元に M1 チップを搭載した Mac と Office Insider を 利用可能な Microsoft 365 ライセンスがあり、 最新ビルドのリスクが許容できる場合には、ベータ版チャネルを利用して 新しい Mac の性能をお確かめ下さい。