Amazon Rekognitionで顔認識用の「コレクション」を作る

2018.05.29

中村です。 前回に引き続きRekognitionを掘り下げていきます。

前回はこちら

Amazon Rekognitionで2つの画像から顔を検出・比較する

今回は、コレクション関連のAPIです。 コレクションとは、IndexFaces オペレーションで検出した顔を保持するコンテナです。 これはアカウントの特定の AWS リージョンで作成します。Rekognition のプライマリリソースであり、作成するたびに一意の Amazon リソースネーム (ARN) が割り当てられます。

CreateCollection

コレクションを作成し、ARNを返します。これを使い、IndexFaces オペレーションを行います。

リクエストパラメータ

Name Type Length Constraints Pattern Required
CollectionId String 1 - 255文字 [a-zA-Z0-9_.\-]+

サンプルコード・レスポンス

$ aws rekognition create-collection --collection-id 'test-rekognition-test'
{
        "CollectionArn": "aws:rekognition:ap-northeast-1:XXXXXXXXXXXX:collection/test-rekognition-test",
        "FaceModelVersion": "3.0",
        "StatusCode": 200
    }

ListCollections

アカウント内のコレクションのリストを返します。結果が切り捨てられた場合は、次のCollectionIdのリストを取得するために使用できるNextTokenも提供されます。

リクエストパラメータ

Name Type Description Required
StartingToken String ページ送りを開始する場所 ×
PageSize Integer AWSサービスコールで取得する各ページのサイズ(コマンドの出力に返される項目の数には影響なし) ×
MaxItems Integer コマンド出力する項目の最大数 ×

サンプルコード・レスポンス

$ aws rekognition list-collections
{
        "FaceModelVersions": [
            "3.0"
        ],
        "CollectionIds": [
            "test-rekognition-test"
        ]
    }

DeleteCollection

コレクションを削除します。ステータスコードのみ返します。

リクエストパラメータ

Name Type Length Constraints Pattern Required
CollectionId String 1 - 255文字 [a-zA-Z0-9_.\-]+

サンプルコード・レスポンス

$ aws rekognition delete-collection --collection-id 'test-rekognition-test'
{
        "StatusCode": 200
    }

まとめ

いかがでしたでしょうか。 次回は作成したコレクションを利用して、検索部分に触れていきます。