re:Invent 2020でMedia & Entertainmentなセッション情報をざっくりまとめてみた [Week 1] #reinvent

re:Invent 2020、第1週目のMedia & Entertainmentなセッション情報を公式ブログの情報をもとにしてまとめてみます。
2020.12.01

はじめに

清水です。はじまりましたre:Invent 2020、本エントリでは先日以下のAWS Media Blogでポストされたエントリをもとにしながら、Week 1のMedia & Entertainmentなセッション情報をまとめてみたいと思います。

なお、セッション日時(再配信日時含む)については正確な記載を心がけたつもりですが、書き間違いなどもあるかもしれません。re:Invent 2020公式ページでも日時をご確認の上、カレンダーなどにも登録してお楽しみください。右上の Search窓からセッションIDを入力することでセッションの検索が行えます。またセッション情報については、上記AWS Media Blog記載の内容をGoogle翻訳で日本語に変換したものを記載しています。

また以下にまとめたセッションのほか、AWS On AirでもMedia & Entertainmentな話題があるようです。

2020/12/12 21:00 JST オンデマンド視聴へのリンクを追加しました。

Week 1のMedia & Entertainmentなセッション

State of media content production

セッション情報

コンテンツクリエーターは、クラウドを使用した制作ワークフローを迅速に実現し、低コスト、市場投入までの時間の短縮、スタッフが世界中のどこからでもコンテンツにアクセスして作成できる機能を活用しています。 VFX企業であるMethodStudiosがAWSを使用して、コンテンツ制作パイプラインを進化および拡張し、最大の大ヒット映画のいくつかを作成する方法をご覧ください。仮想ワークステーションでのリモート編集、スケールアウトレンダリングと本番配信、拡張と簡素化を目的として設計された新しくリリースされたAWSサービスなど、AWSクラウドベースのコンテンツ作成ワークフローを迅速かつ安全にデプロイするための最先端のベストプラクティスについて学びます。クリエイティブなワークフロー。

State of media content distribution

メディア業界全体でデジタルトランスフォーメーションが加速しています。 世界中で、あらゆる規模のコンテンツプロバイダーが、デジタル戦略を再構築する際にAWSに目を向けています。 このセッションでは、ブロードキャストおよびオーバーザトップメディアの業界リーダーがAWSを使用してコンテンツ配信の未来を構築し、コストを最適化し、イノベーションを加速し、新しいビジネスモデルを解き放つ方法を学びます。 Amazon Interactive VideoServiceやAWSElemental Linkなど、ライブブロードキャストやオーバーザトップ配信のための新しいテクノロジーがどのように展開されているかを確認し、信頼性の高い高品質のビデオ転送のための新しいソリューションを探ります。

COVID-19: Identify verification & work safety with Amazon Rekognition

セッション情報

今日、企業はCOVID-19によって引き起こされた課題に適応する方法を探しています。 たとえば、金融会社はオンラインサービスにアクセスする前に顧客の身元を確認する必要があり、教育者はリモートテスト中に学生の身元を確認する必要があり、小売業者は物理的に近接してやり取りするときに従業員と顧客を安全に保つ必要があります。 このセッションに参加して、企業がフルマネージドコンピュータービジョンサービスであるAmazon Rekognitionを使用して、自動化されたスケーラブルなオンラインID検証と職場の安全コンプライアンスでビジネス活動を継続する方法を学びましょう。

Serverless analytics at Equinox Media: Handling growth during disruption

セッション情報

COVID-19が広まるにつれ、Equinox Mediaは、オンラインフィットネスストリーミングプラットフォームであるVariisの立ち上げを早急に進める必要性を認識しました。 クラウドネイティブインフラストラクチャを使用してVariisをゼロから開発することにより、Equinox Mediaは、需要を満たすために加速し、迅速にスケールアップすることができました。 このセッションでは、AWSアナリティクスによって、信頼できるコスト予測で拡張できるという自信を持って、企業が低コストでスタートアップを立ち上げることができた方法を学びます。 Equinox Mediaが、AWS Glue、Amazon Athena、Amazon Kinesisなどのサービスを備えた非常にスケーラブルなサーバーレスデータプラットフォームを活用して、ベータ版からロールアウトまで数週間で立ち上がる方法をご覧ください。

How Disney+ uses fast data ubiquity to improve the customer experience

セッション情報

Disney +は、Amazon Kinesisを使用して、顧客へのタイトルの推奨の提供、マイクロサービス間でのイベントの送信、顧客体験を向上させるための運用分析用のログの配信などのリアルタイムアクションを推進します。 このセッションでは、Disney +が統合ストリーミングプラットフォーム上でリアルタイムのデータ駆動型機能をどのように構築したかを学びます。 このプラットフォームは、Amazon Kinesis Data Streamsで1時間あたり数十億のイベントを取り込み、ApacheFlink用のAmazonKinesis Data Analyticsでそのデータを処理および分析し、Amazon Kinesis DataFirehoseを使用してサーバーやコードなしでデータを宛先に配信します。 これらのサービスが、Disney +が必要な品質と信頼性で数千万の顧客に視聴体験を拡大するのにどのように役立ったかを聞いてください。

State of media security: A discussion with industry leaders

セッション情報

昨年、視聴者がより多くの方法でより多くのメディアを消費している間、遠隔の分散した労働力へのシフトがあり、コンテンツの作成、配信、および消費の方法が変わりました。 このセッションでは、HBO Max、FOX、MGMの最高情報セキュリティ責任者がAWSセキュリティの専門家に加わり、AWSクラウドがメディア組織がカメラからクラウド、そして お客様。 これらのスタジオおよびストリーミングサービスのリーダーが、メディアセキュリティ標準の最近の進化に関する経験について話し合い、デジタルコンテンツセキュリティの将来についての考えを共有するのを聞いてください。

Intersectional approaches to inclusive design

セッション情報

社会におけるテクノロジーの役割は、インフラストラクチャ以上のものです。 私たちが今日作成している製品、サービス、およびエクスペリエンスは、人々が周囲の世界をどのように認識し、関与し、アクセスするかに影響を与えます。 このセッションに参加して、今日の現実と明日の本当の可能性を反映する包括的で革新的な製品を作成するために、エクイティレンズを適用することが重要である理由について話し合ってください。 TONL(多文化の人々、場所、物語の本質を捉えたストックフォトプラットフォーム)の評価の高い写真家/ディレクター兼共同創設者であるJoshua Kissi、AWSシニアソリューションアーキテクトのBrian Hammons、AWS Inclusion Diversity andEquityカスタマーリーダーのHumeeraKhanに参加してください セッション。

Week 2以降は?

本エントリでは(参照しているAWS Media Blogのポストに倣ったこともありますが)第1週目のセッション情報を扱いましたが、第2週目以降もたくさんのセッションが予定されています。以下のブログエントリや、AWS Media Blogをチェックしておきましょう。

こちらのattendee guideなブログエントリには以下の資料へのリンクもあります。

日時についてはComing Soonとなっていますが、例えばMDSからはじまるセッションIDについては少なくともMDS208まで予定されているようですね!楽しみ!!

まとめ

re:Invent 2020、第1週目のMedia & Entertainmentなセッション情報を公式ブログの情報をもとにまとめてみました。毎年re:InventではMedia & Entertainmentの世界中の様々な事例が紹介されます、今年も楽しみですね。また2017年はAWS Media Servicesの発表2018年はAWS Elemental MediaConnectのリリース、そして昨年2019年はAmazon Kinesis Video StreamsのWebRTC対応のアップデートがありました。今年はどんなMedia & Entertainmentな新サービスが来るのでしょうか!!!こちらも楽しみです!