[クラスメソッド] なにわだより:Developers in KOBE #6 でTerraformについてLTしてきました – 2016.07.01

2016.07.01

はじめに

こんにちは、中山です。

2016年6月30日(木)に神戸デジタル・ラボさまの会議室で実施されたDevelopers in KOBE #6に参加してきました。

Developers in KOBE とは

神戸デジタル・ラボの村岡さまが中心となってほぼ毎月開催している勉強会です。connpassのページから引用します。

神戸でゆるくやっている IT の勉強会です。

開発者・デザイナーの方お気軽に参加下さい。

発表したい方はお気軽にコメント下さい。

発表したいことがあれば内容は基本的に何でもありです。来場者は10名程度なのでだいぶローカルな勉強会になっていますが、その分濃いお話をお聞きすることができます。当日のタイムテーブルは以下のような感じになっていました。

時間 発表者 タイトル
30min 堀尾さま AWS IoTについて
30min 河内さま マイコン徹底入門
30min 中西さま Hardeing Projectから学ぶ「何とかする力」
10min 既存AWSリソースをTerraformの管理化にしてコード化する
20min 村岡さま Fetch API

LTしてきました

「既存AWSリソースをTerraformの管理化にしてコード化する」という内容でLTをしてきました。資料はGitHub Pagesに上げておきました。持ち時間10分でしたが当然のようにオーバーしてしてしまいました。時間超過しても気にしなくていいよと言っていただけたので、久しく感じていなかった人のやさしさ、温もりのビッグウェーブを感じることができました。

まとめ

大人数の勉強会もよいですが、こういったローカルな勉強会ならではの良さが感じられました。発表者は随時募集中とのことなので、関西方面の方はぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。Developers in KOBE #7の募集も始まってます!