Notionでマルチセレクト項目に用いる複数のタグをまとめて一発で作る方法 #notion

2022.08.31

小ネタです。

Notionでは「マルチセレクト」というプロパティ(データベーステーブルの列)があり、任意の選択肢を適宜追加していくことが可能です。基本的には必要な項目を都度テーブルの列項目に文字列として入力することで内容を増やしていくことが出来るのですが、数が多くなると都度内容を確認しながら入力・設定していくのは面倒です。

そんな時、ちょっとした一工夫で情報を用意しておけば、マルチセレクト項目に用いる複数のタグを一発で作り出す事が可能です。当エントリではそんな小技を紹介します。

実践

今回は分かりやすい例として「都道府県」のマルチセレクト項目(群)を作ってみたいと思います。情報としては利用頻度も多く、Web等で参考となるネタを引っ張って来やすいです。一方で数が多い(47個)ので、これをいちいち手入力で全部打っていくのは面倒です。

登録用のデータベーステーブルを用意します。対象となる項目(今回は都道府県)については、テキスト型で用意しておいてください。

ここで早速「1発で行けるカラクリ」を明かしますが、「登録したいデータを1行のCSV(カンマ区切り)ファイルとして読み込ませ、マルチセレクト項目として解釈させることでNotion側で内容を分割し、マルチセレクト項目として作成する」ことが可能です。

という事で、投入するデータを条件に合う形で用意します。

北海道,青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県,鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県,徳島県,香川県,愛媛県,高知県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,沖縄県

用意した情報をセル内に貼り付けます。この時点ではまだテキスト型の情報です。

そしてこのプロパティのタイプを「マルチセレクト」に変更。すると...

一発でマルチセレクト項目として変換・作成してくれました!

あとはこの項目をよしなに活用して頂くだけですね。(色は手作業で付けました。この辺まとめて色設定してくれるワザとかってないのかな...)

まとめ

という訳で、Notionデータベーステーブルにおける「マルチセレクト」項目のタグをまとめて一発で作成する小ワザについて紹介しました。活用出来る情報がある&タグ項目数が多くて手入力が面倒だ!という場合には是非ご活用頂けますと幸いです。