Notionデータベーステンプレートの「デフォルト指定」が出来るようになりました #notion

2022.08.03

小ネタです。

Notionではデータベースを活用する際に「テンプレート」という機能が活用出来ます。

良く使うページフォーマットをテンプレート(雛形)として登録しておいてページ作成の際に選べるというものですが、先程Notionを触ってたところタイトルにあるような「テンプレートページのデフォルト指定」が出来るようになっていたので早速試してみました。

実践:「Notionデータベーステンプレートのデフォルト指定」変更

任意のデータベースにおける「新規」ボタンからテンプレートの一覧を確認してみます。「DEFAULT」の文字が"空のページ"(テンプレートを作成していない場合に表示されるもの)に指定されていますね。

この設定を、デフォルト指定としたいテンプレートに切り替えてみます。切り替え作業はテンプレート個別の三点メニューから選択可能でした。

この変更をどこまでの範囲で行うか?のダイアログが出て来ました。現在表示しているビューのみなのか、他で使っているものもあればそれら全てに適用させるかの選択肢が選べるようです。ここでは一番上の「関連するもの全てに適用」を選びました。

デフォルト設定が変更出来ました。

この状態でデータベース上の[新規]ボタンを押下します。これまではボタン脇の[v]メニューからテンプレートを指定してましたが、今後はこれで[新規]押すだけでテンプレートが起動するはず...

想定通り、指定したテンプレートを活用した新規ページが立ち上がりました!

まとめ

という訳で、Notionデータベースにおける「テンプレートのデフォルト指定」が出来るようになった件の紹介でした。

手間的には極僅かな短縮とはなりますが、地味に「テンプレートページを起動しようとして空の新規ページを起動してしまう」というのをやりがちではあるのでその誤操作が防止出来るというのは嬉しい改善ポイントになると思います。お使いのデータベースでテンプレートを指定・活用している場合には是非試してみてはいかがでしょうか。