スポンサーパートナーのサービスを紹介するシリーズ – Promscale – #Timescale #reinvent

2021.12.01

ドウモ、最近逆足でカットインしてファーを狙う練習をしているのですが一度も成功しません。

さて、reinventがいつの間にか始まっていましたが、Amazonではなくスポンサーパートナーの旅に出てみようと思います。 スポンサーパートナーの一覧は以下のリンクで見ることができます。

このページではいくつかのカテゴリでフィルターをかけることができるので、関心のあるトピックでいろんな企業を探すのも楽しそうですね。

Timescale

今回紹介するのは、Timescale, Inc. というスポンサーパートナーです。

reinventのページはこちら

このタイガーのキャラが目に止まりました。

Timescaleは主に、TimescaleDBというPostgreSQL上に構築された時系列データベースを提供しています。リレーショナルと時系列両方のDBを一つとして扱えます。

詳しいドキュメント

Promscale

本記事では、

Timescaleのreinventページ のコンテンツとして大きく紹介されている Promscale を見ていきたいと思います。

Promscaleの資料

Promscaleは、

TimescaleDBに基づく可観測性データ用のオープンソースストレージシステム

です。

  • メトリクス、トレース、ビジネスデータを1箇所に取り込み、SQLを使って分析、相関させることができる
  • PostgreSQLとTimescaleDBの強固な基盤の上に構築されており、ペタバイトスケール、高可用性、レプリケーション、圧縮などの機能を持つ
  • 操作は簡単ですぐに始めることができる。Grafana、Prometheus、OpenTelemetryなどのツールと統合が可能

という特徴があります。

全てを一つの場所で と言っている通り、Prometheusのメトリクス・Open Telemetryのトレースを完全にサポートしています。 TimescaleDBとPostgresのリレーショナルテーブルも完全サポートのようです。

SQLを完全にサポート しているので、よく知られていて強力なクエリ言語で全てのデータを分析することができるので、トラブルシューティングを高速化したり最適化するのに役立ちます。

信頼面においても、世界中で数百万のインスタンスを備えていて、

  • データの整合性、レプリケーション、およびウォームスタンバイとホットスタンバイ
  • バックアップと復元の機能、およびポイントインタイムリカバリ
  • 複数の認証方法、役割、および権限を使用
  • 最大90%のネイティブ圧縮を使用して、複数のノードにまたがるすべての履歴メトリックを保存
  • データを自動的にロールアップして長期クエリのパフォーマンスを向上させる継続的な集計

このような基盤のもとで運用され続けています。

様々な観測性ツールとの統合が可能なので、既存のデータやダッシュボードを再利用することもできそうです。

データ視覚化ツール、AIプラットフォーム、IDE、ORM、管理ツール、パフォーマンスチューニングなど、PostgreSQLのエコシステムの活用も可能。

インストールもTOBS というコマンドラインツールが提供されており、一つのコマンドでKubernetesクラスタにインストールしてすべての観測データの収集・分析・可視化を開始することができます。

このほかにも、Helm Charts、Dockerなどにインストール することもできます。

まとめ

Promscaleは、様々なデータソースからのメトリクスを保存したり照合できるサービスです。 さまざまなデータを相互に関連づけることにより新たな洞察を得ることも可能にしてくれますね。 SQLも完全サポートされているので扱っていた人であればすぐに使うことができると思います(独自のクエリ言語を学習するコストが省ける)。 本記事では紹介だけですが、どこかのタイミングで スポンサーパートナーのサービスを使ってみるシリーズ もやろうかと思います。

reinventのスポンサーパートナーは数多くありますが、他の企業のサービス今後紹介できればなと思っています。 おそらく同じアライアンス的部署のメンバーもブログや動画にして紹介してくれるはずですはずです。