[セッションレポート] 「ヒューマン・バイ・デザイン。テクノロジーはいかにして人間の体験を向上させることができるか。」というセッションに参加しました。(IMP103) #reinvent

2022.12.04

AWS認定トレーニング講師の平野@おんせん県おおいたです。

コンピュータサイエンス教育に関するワークショップに参加してきましたので、報告します。

背景

AWSでは15年前AWSがスタートしてから、NGOと協力してきています。人々や地球を守るためには時間がすべてで、クラウドを使ってより早く意思決定することが重要とAWSは考えています。このワークショップでは、「人間体験の向上(to enhance the human experience)」をテーマに3人のゲストに話を聞きます。

Jessica Kulwik 氏 (Code.org Software Engineering Manager)

Code.orgは世界中のすべての生徒がコンピュータサイエンスを学べる未来を作るために活動しています。

特に、自分自信では決してコンピュータ・サイエンスに出会うことができなかったであろう学生たちに焦点を当てることで、これを実現しています。

貧困層でもコンピューターサイエンスの授業が受けられ、高収入の技術的な仕事に就くことができます。貧困の世代連鎖を断ち切ることができます。 また、コンピュータ・サイエンスは基礎的なものであり、思考や推論を助けるものです。コンピュータサイエンスの授業を1つか2つ受けた学生は、日常生活のあらゆる部分に影響を与えるテクノロジーをより深く理解した上で大人になることができるのです。

この数十年間、私たちは多くの学生を受け入れてきました。私たちの講座は多くの学校で開かれていますが、多くの生徒が受講している一方で、米国でもほとんどの学校ではコンピューターサイエンスの授業は行われていません。 そこで、あなたの出番です。冒頭で 私は皆さんに機会を提供することを約束しました。テクノロジーの専門家として、地元の学校でボランティアをすることができます。地元や州、連邦政府に対して、コンピュータ・サイエンス教育に資金や資源を提供するよう働きかけ、私たちの活動に寄付をすることができます。

Samir Shah 氏 (AARP VP Software Engineering)

私たちに共通していることがひとつあります。私たちは年をとっているということです。50歳以上の人々は、世界で最も大きく、最も急速に成長している人口層です。世界人口の約4分の1、つまり20億人近くが50歳以上であり、しかも長生きしています。

50歳以上の層は、日常生活の一部としてテクノロジーを受け入れていることをご存知でしょうか?彼らの90%は、モバイルデバイスでインターネットを利用しています。そして、パンデミックによって、さらに普及が加速しました。

AARPは米国最大の非営利・無所属の団体で、約3800万人の会員にサービスを提供しています。 6万6,000人のボランティアと、各州にある2,300人の職員の働きによって、私たちは3,800万人近い会員にサービスを提供しています。私たちは18億ドル規模の組織で、ある日には何千件もの電話や依頼を受け、複数のイベントやサービスを通じて何千人もの人々を受け入れています。

例えば、AARP財団のボランティアは、2021年に100万人以上の中・低所得納税者(その多くはオンライン)にサービスを提供し、7億4500万ドルの連邦所得税の申告を確保する手助けをしています。AARP Driver Safety Programは、2021年に50万人のエンゲージメントを超え、主要プログラムのバーチャル版を立ち上げ、COVID-19ワクチンの予約やその他の重要なサービスへ1000人の無料乗車を促進しました。 200万人以上の人々が、NLPの小さなタウンホールミーティングで様々な問題について専門家のアドバイスを受け、10万人以上の人々がAARP詐欺ウォッチネットワークのヘルプラインに電話して相談しています。AARPコミュニティセンターは231年に開設され、年末までに60万人以上の訪問者を集めました。AARPはコミュニティをより困難にするために320万ドル以上の助成金を授与しました。

もちろん、これらすべてはAWSサービスを含むテクノロジーによって可能になったのです。

Marcus Bullock 氏 (Flikshop CEO&Founder)

このような環境で私が本当に興奮することのひとつは、正直に言うと、私はこのカンファレンスに参加するだけでなく、この素晴らしいステージから間違いなく皆さんとお話する可能性が最も低い人間であるということです。 ですから、私たちが築き上げた会社について、そしてこのようなものを皆さんに提供できることについて、少しお話しできることをとても嬉しく思っています。

この写真は、私、私の母、妹、そしてかわいい赤ちゃんの写真です。 この赤ちゃんは私の姪です。今は27歳で、私と一緒にラスベガスに来ていて昨日私の誕生日を祝ってくれました。

そして、この写真は私の15歳の誕生日の3週間ほど前に撮ったもので、人生で最悪の決断をする2週間前でした。 私と友達は、ある男の車の窓を強奪し夜の街に飛び出しました。 翌日、私は手錠をかけられてしまいました。 15歳の私は裁判官の前に立ち、成人として認定され、成人刑務所に8年間収監されることを言い渡されたのです。 正直に言うと、想像できるように、人生で最も辛い時期でした。

母は、10代の息子が刑務所のレクリエーション施設や遺体袋に乗せられる男たちを見ながら、鬱や絶望に襲われるのを見るようになりました。

8年間の服役を終えて、仕事を見つけるために、41件の求人に応募し、41件の面接を受けましたが、どの面接先も私に仕事を与えてはくれないと言いました。 42番目でその機会を得ることができました。ペン屋さんで、母や私自身だけでなく、地域社会に貢献できる一員であることを証明する最初の機会を得ることができました。

アメリカでは重罪を犯しても生きていけるという汚名を返上する機会にも恵まれました。私たちは、その写真とメッセージを印刷し、実際に目に見えるポストカードにして、全国どこでも、どんな人にでも発送することができます。 私は、私たちやフリックショップの成功率や、どれだけの人の命をつなぎ続けられるかについて、とても興奮しています。発売以来、17万人以上のファンを獲得しています。

私たちは、ここにあるスクリーンのような技術のいくつかを活用するために進んでいます。例えば、SNSやRekognitionで、ハガキをスキャンして禁制品を探すことができますし、施設を安全に保つだけでなく、家族がセカンドチャンスの雇用主とつながって、新しい労働力のプールにアクセスできるようになります。

人々が地域社会や近隣に戻り、自らも成功への道を切り開くことができるようにするためでもあります。私は、このような場に立ち会えたことに感謝しています。私の友人たちがそうだったように、私も刑務所で死んでいたかもしれません。

アメリカでは再犯率が76%もあります。再犯率が高い人、つまり刑務所から出てきた人は、最初の3年以内に76%刑務所に戻っています。再処置された人のほとんどは技術的な違反の結果ですが、それでも、刑務所や刑務所から出てきた人の大多数が戻っていることになります。 私たちはまず、愛する人たちが互いにつながる方法を構築するために、家族の参加から始めました。

共感することはもっと大切です。共感とは、相手のことを思いやることですが、共感とは、相手と一緒になって考えることです。そして、それを可能にするために、テクノロジーをどのように活用するかということです。そして、マーカス・ブロックの物語を活用して、「これは可能だ、こんなことができるんだ」と伝えることも重要です。そのために、数回のクリックと数枚のハガキを活用するのです。それは素晴らしいことです。

みなさん協力を

みなさんに寄付の協力をお願いしています。こちらのURL/QRコードからお願いします。

まとめ/コメント

NGO活動が与える、社会への影響を知る良い機会でした。個人的にはAWSを始めて、人生が変わってより充実している友人が多数います。そのために、「AWSを活用して、幸せになってもらいたい」という意識でAWSトレーニングを提供していますが、今回の話はそのスケールに圧倒されてしまいました。

是非来年はみなさんもラスベガスでre:Inventに参加しましょう。

追記

このセッションがYoutubeで公開されていました。ご興味あればご視聴ください。