[セッションレポート] 「エモーショナル・インテリジェンスがイノベーションを加速させる」というセッションに参加しました。(INO203) #reinvent

2022.12.06

AWS認定トレーニング講師の平野@おんせん県おおいたです。

感情とイノベーションをテーマにしたセッションに参加してきましたので、報告します。

イノベーション

「イノベーションとは、価値を創造することとは別の何か」

アジェンダ

  • イノベーションの脳科学
  • 個人のイノベーションを高める方法
  • 革新的な組織を作る方法
  • さらなる成長のためのリソース

イノベーションの脳科学

まず、感情は下記に影響を与えます

  • 注意力
  • 意思決定
  • パフォーマンスと創造性
  • 人間関係
  • 身体的・精神的健康

一方、ストレスはイノベーションを難しくします

それはストレスの脳科学で説明できます

私たちの脳に刺激が加わると、興味深いことに、まずトカゲの脳(脳の最も古い部分、扁桃体として知られています)に刺激が入ることが研究でわかっています。 扁桃体は、脅威を感知します。そして、前頭前野に移動して、フィルタリングの判断と創造を行います。ここで、刺激が本当に強いと、扁桃体が脳を乗っ取り、ハイジャックして、脳の前の部分とオフラインになります。

つまり、扁桃体が反応し、私たちが通常持っている創造的なプロセスが損なわれる可能性があります。

こちらは、ストレスレベルとパフォーマンスの関連を示すYerkes-Dodson modelです。

つまり、ストレスは高すぎても低すぎでもダメということです。

個人のイノベーションを高める方法

まず、感情のアジリティを身につけましょう。まず自分が何を感じているかを理解すること、そしてその状態を維持するのか別の感情にシフトするかを自分でコントロールできること、これができれば本当に素晴らしいです。

感情の状態の認識

自分自身の感情の状態を認識することは難しいことです。そもそも、感情を認識するスキルを教わったことが無いと思います。また我々はストレスに順応してしまうので、気づかないということがあります。

感情が発生すると、それを認識する前に体が反応することが分かっています。たとえば怒ったときは、頬が熱くなり、胸に圧力がかかり、心臓がドキドキし始めるかもしれません。 このように体の反応で客観的に自分自身の感情を認識出来ます。

人が言葉として表現できる感情の平均数は3つだそうです。研究によると、もっと多くの感情を挙げることができれば、より健康になり、より幸せになり、生涯で医者に行く回数も減り、病院にかかる日数も減るそうです。

そこで、マーク・ラフィーク博士は、ムード・メーターというものを開発しました。 自分の感情の状態を、エネルギーと喜びの軸で10段階で判断してプロットしてより詳細な感情の状態を認識出来るものです。

感情の制御

自分の感情を認識してストレスと見つけたら、つぎにそれを制御しましょう。

体を動かす

まず、ストレスを軽減するためには、体を動かすことが大切です。1日60分から90分、体を動かすことが対策になるのです。スーパーブースターのひとつは外に出ることで、オキシトシンが分泌され、気分も高揚します。ストレスが溜まってきたら、メールを送る代わりに、立ち上がって、ヨガをしたり、腕立て伏せをしたり、家の周りを走ったりして、ストレス反応を調整するのに役立つことをするのです。

友だちとつながる

友人と一緒に過ごすことで、ストレスが緩和され、ストレスが軽減されるのです。家族、友人、同僚など、気の合う仲間と過ごすと、体内のコルチゾールが減少するという研究結果があります。その際、一緒に笑うことができれば、大きな後押しになることはご存知でしょう。一緒に笑うと、エンドルフィンが分泌され、ストレスを軽減するのに最適な方法のひとつです。

呼吸を整える

時間をかけて深呼吸をすることで、ストレス反応を調整することができます。マインドフルな呼吸は、海抜の高い経営者やオリンピック選手、軍隊の人たちが、ストレスが本当に高いときにそれを管理できるようにするために使われていて、彼らがより高いレベルでパフォーマンスをするのを助けてきました。それはあなたのストレスレベルを減少させます。集中力が高まり、思考がより明確になります。

リフレーミング

感情をコントロールするのに非常に強力なテクニックを紹介しましょう。それは、リフレーミングと呼ばれるものです。

REINTERPRET 再解釈 状況から脅威を取り除く "私はまだこれが得意ではありません。" 肯定的な意図を仮定する
REORDER 再注文 自分がこれに置いている価値を考える "これは本当に重要なのか?" 10/10/10メソッド※
REPOSITION 再配置 別の視点からこれを考える "どうすれば感謝できるのか?どうしたらもっと良くなるのか?
NORMALIZE 正規化 他の人も同じような経験をしていることを認識する。 "落ち込んでいてもいいんだよ。結局のところ、私は人間なのだから" 自己憐憫

※10/10/10メソッド: 10日後、10週間後、10カ月後、私はこのことを気にしているだろうか、と自問するのです。10分後なら、もっと気になると思います。それなのに、なぜこんなにエネルギーを使っているのだろう?このことは、自分自身をよりよく律するのに役立ちます。

革新的な組織を作る方法

Googleが数年前に発表した、「プロジェクト・アリストテレス」と呼ばれる非常に興味深い研究があります。最もパフォーマンスの高いチームと最もパフォーマンスの低いチームを比較した結果分かったのは、一番重要なのは心理的安全性ということでした。

Psychological safety 心理的安全性
Dependability 信頼性
Structure and clarify 構造化・明確化
Meaning 意味づけ
Impact インパクト

このような環境では人々は自分自身であることを心地よく感じることができ、相互尊重がチームのメンバーによって共有された信念となり、対人関係におけるリスクテイクを安全に行うことができるのです。

心理的安全性あり 心理的安全性なし
失敗をチャンスととらえる ミスをキャリアへの脅威ととらえる
リスクと失敗を恐れない 揺さぶりをかけない
会議では自分の意見を言う 自分のアイデアを隠しておく
苦労を分かち合う 自分の長所だけをアピールする
チームメイトや上司を信頼する チームメイトや上司を恐れている
首を突っ込む (首を?)切り落とされる
 ↑
怖いもの知らずの組織 臆病な組織

Brene Brownの素晴らしい言葉を紹介します。 「もし、あなたがそうでないなら、あなたはそれを手に入れることができないのです。脆弱な文化を構築することが許されなければ、このような単純なものを作ることはできません。」 リーダーとして、技術者として、組織の人々として、心理的安全がどのようなものかを深く考えてみましょう。

心理的安全性の力とは

正しい認識 間違った認識
謙虚さ 誰もが常に快適であること
尊敬の念 意見の相違がないこと
リスクテイク/もろさ 「いい人」であること
率直なフィードバックをすること パフォーマンスの標準を下げること
高い共感性
グループへの信頼

簡単に言うと→失敗したときのコストを下げること

期待値にの高さについてはどうでしょう? 心理的安全性とパフォーマンスを比較するとこうなります。

期待値 低 期待値 高
心理的安全性 高 惰性 最高のパフォーマンス
心理的安全性 低 無気力 不安

心理的安全性は、人々の成功を支援するものです。でも、時には、あまりいい気分にはなれないことも言わなければならないでしょう。しかし、あなたのパフォーマンスの会話は、厳しいフィードバックかもしれませんし、私がやったことが顧客のためにまったく役に立っていないことを指摘するかもしれません。それはいい気分ではないかもしれませんが、彼らやチームが成功するために必要なことなのです。

チームに多く存在したい対立はタスクの対立です。最小にしたいのは、個人的な対立です。 多くのチームは、あらゆる種類のコンフリクトを避けてしまうのです。しかし、私たちがすべきことは、左側が多くなるように管理することです。そうすれば、アイデアが生まれ、最も革新的なものになります。

タスクの対立 個人的な対立
私たちは問題を抱えている あなたは問題です
データを見せてください 私はあなたを信じていない
考え方がよくわからない それはゴミ箱のアイデアだ
アイデアの是非を問う 相手の長所に挑戦する
感情が揺さぶられる 感情の暴走

「バックボーンを持ち、意見をぶつけ、そしてコミットする」

心理的安全性の段階

チャレンジャーの安全性 より良くしたいという欲求の充足 高イノベーションゾーン
貢献者の安全性 自分を変えたいという欲求を満たす 高イノベーションゾーン
学習者の安全性 学びたい、成長したいという欲求を満たす
社会的一体性の安全性 人とのつながりや帰属意識という人間の基本的な欲求

恐れを知らない組織。4つの実践的行動

  1. 自分自身の誤りを認める。声高に自己批判をする。

  2. 好奇心を持ち、たくさん質問する。学び、好奇心を持つ。

  3. 仕事を実行の問題ではなく、学習の問題としてとらえる。

  4. 会話のターンテイクを促進する。多様な視点を求める。

自分のアイデア、質問、懸念、そして間違いさえも発言しても大丈夫だと感じられるとき、チームは最高のパフォーマンスを発揮します。

さらなる成長のためのリソース

アマゾンの創業者であるジェフ・ベゾスの言葉も素晴らしいものです。 「失敗と発明は切り離すことができない。だから、実験しなければならないかもしれないし、うまくいくことが事前に分かっているのかもしれません。さて。実験ではないんですけどね。」 というわけで、少しでもお役に立てれば幸いです。

まとめ

私も心的安全性に以前から着目していたので、素晴らしい内容だと思いました。 また、クラスメソッドの心理的安全性の段階は「チャレンジャーの安全性」レベルであることを再認識出来ました。

追記

このセッションがYoutubeで公開されていました。ご興味あればご視聴ください。