[速報]機械学習を人の目でチェック!Amazon Augmented AI(A2I)がリリースされました! #reinvent

はじめに

ご紹介するのはこちら!

Amazon Augmented AI(A2I)

Amazon Augmented AI(Amazon A2I)は、機械学習の結果に対して、実際の人間によるチェックを含めたワークフローを提供するサービスです。

機械学習によるアプリケーションは、その結果をそのまま信頼出来る場合もありますが、どうしても人間によるチェックが必要な場合があります。例えば日本で提供されている多くの名刺スキャンサービスは、OCRによるスキャン後に、人間による目視チェックを行っています。例えばSansanでも人間のオペレーターのチェックが行われています。(Sansanは弊社でも利用させて頂いています、ありがとうございます)

スキャンされた名刺情報は、高度なAI技術とオペレーターの手入力によって、ほぼ100%の精度でデータ化されます。

しかし、当然ながら、人間にはコストがかかります。大量のデータをチェックするためにはそれだけの人数が必要です。これまでAWSではAmazon Mechanical Turkを使って人間のレビューを行う方法はありましたが、簡単に使うことは出来ませんでした。何より日本では提供されていませんでした。

Amazon Augmented AI(A2I)は、その人間によるレビューを簡単に構築するサービスです。例えばコンテンツのモデレーションやテキスト抽出など、一般的な機械学習で必要とされるワークフローを提供します。Amazon RekognitionやAmazon Textractからの予測を簡単にレビューすることが出来ます。

イントロダクション

実際にAmazon SageMakerの画面を見ると、Amazon A2Iのメニューが追加されています。

[Human review workflow]を開くと、ワークフローが作成できます。

ここからワークフローの詳細情報を設定します。

タスクのタイプとしてTextract、Rekognition、そしてCustomが選べます。

WorkerはAmazon Mechanical Turk、Private、vendorから選択できます。

さいごに

完全に自動化できるほど精度の高い機械学習アプリケーションを作るのはとても難しいものですが、人間のチェックを簡単に組み込めるのは大変効率的だと思います。