【レポート】Amazon ECSを活用したAWS運用自動化サービスの裏側を包み隠さず解説 – Developers.IO TOKYO 2019 #cmdevio

2019年11月1日に開催されたDevelopers.IO TOKYO 2019で、「Amazon ECSを活用したAWS運用自動化サービスの裏側を包み隠さず解説」というセッションを担当したので、登壇資料を共有いたします。
2019.11.01

shoitoです。こんにちは。

2019年11月1日に開催されたDevelopers.IO TOKYO 2019で、「Amazon ECSを活用したAWS運用自動化サービスの裏側を包み隠さず解説」というセッションを担当するしたので、登壇資料を共有いたします。

セッション概要

Amazon ECSを活用したAWS運用自動化サービス「opswitch」、その裏側では、DockerコンテナやワークフローエンジンApache Airflow、サーバ管理・監視サービスMackerel、コラボレーションハブSlackなどが活用されています。実際のサービスのアーキテクチャ、開発環境、デプロイ、監視まで、包み隠さず解説します。

セッション資料

さいごに

AWS運用自動化サービスopswitchの裏側を包み隠さず紹介しました。
開発チームの体制や開発プロセス、どのように利用されているかデータから紹介など、まだまだあるかもしれませんが、それはまた別の機会にでも。