入社4ヶ月目を迎えたばかりの私が社内インタビューを受けたら46分後には全社公開されていた話

2022.02.07

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちわ。従業員体験( EX ) の向上がミッションのエンジニアリング統括室に所属しているてぃーびーです。

リモートワークが普及し、社内のコミュニケーション・情報連携が課題になるという話をよく耳にします。その中でも部門・チームを跨いだものが特に顕著な課題になりやすいと聞きます。弊社も例外ではなく、フルリモートシフトの影響を受けていますが、そこへの1施策である社内インタビューを受けました。そして、インタビューから公開までがたったの46分というスピーディーな世界を体験したのでぜひブログに残そうと思い立ちました。

すもけのインタビューシリーズとは?

クラスメソッドではコロナウイルスの影響もあり、2020年からフルリモート勤務が主流になっています。 詳細はこちら

クラスメソッドのテレワークを支える仕組みをご紹介します

以前からリモートワークは利用可能だったものの、利用範囲が広がったことや、組織が拡大してきたこともあり、所属する部門の外の人や仕事を知る機会が減ってきていました。この課題に対する解決手段の一つとして社員へのインタビューを通して業務の内容も知ることができる「すもけのインタビューシリーズ」がはじまりました。名前の通り、すもけさんがインタビュワーです。

2022/02/07 時点で全75回のインタビューが実施され、社内公開されています。

直近だと1動画あたり 50〜100 PV くらい閲覧されています。現在社員数はグループ全体で約600名。動画は時間的なリソースの節約が難しいメディアなので、6〜12人に1人は閲覧していると考えると十分な閲覧数に思います。 数値は PV ですが、この種の動画を同じ人が繰り返し閲覧することは少ないだろうから、概ね UU と近いと予想します

コンテンツ

これは私が回答したときインタビュー内容の一例です。 基本フォーマット+流れで深堀りする範囲を変える、というスタンスですね。

  • 自己紹介
  • 担当している業務紹介
  • 前職での経験の話
  • 人事領域に携わるようになった背景
  • キャリアチェンジに対する恐怖・不安の有無
  • 入社のきっかけ
  • 入社の決め手
  • クラスメソッドのことを以前から知っていたか?
  • クラスメソッドに対する印象のギャップはあったか?
  • 仕事においてやりがいを感じることは?
  • 仕事においていままで一番嬉しかったことは?
  • 今一番はまっている趣味は?
  • 今後実現していきたいこと
  • この人すごいなと思うメンバーは?
  • クラスメソッドの特徴を一言でいうと?

施策のスピード感

実は、このインタビューは今日の出来事なのです。収録から公開まであっというまでした。

  • 2022/02/07 15:00 〜 15:30 - インタビュー実施
  • 2022/02/07 16:16 - インタビューを YouTube で社内限定公開
  • 2022/02/07 17:00 - 再生数16

みなさん個別に業務がある中ですが、公開直後にすぐ閲覧してくれている方がほどほどにいることがわかります。 色々と早いです。

私も負けじとスッとブログ記事にします。

インタビューの様子

実は、はじめてのやりとりになるということではじめましてをする両名

質問を受け、記憶を掘り起こす私

インタビュー内容の例

ゆるいものと仕事に関するものを1件ずつ抜粋します。

Know Who / この人すごいなと思うメンバーは?

社内の人に関して知ることができる質問。

同じチームで働いている大橋さんとやぬすさんを紹介ました。 大橋さん は私達エンジニアリング統括室の責任者で、他の事業部の責任者もしている方ですが、いわゆる「権限勾配」を感じさせないコミュニケーションをしてくれます。フラットにチームで議論するとき、いいにくいことをすんなりいいやすい場を提供してもらえています。インタビュー中は説明していない内容ですが、組織施策チームのリーダーとして短期利益だけではなく、長期利益や真因分析も踏まえた会話をしてもらえます。一定、組織で重要なポジションにいると「とはいえっても目の前の利益が」となりがちだと思うので、そうならないのは頼もしいです。

やぬすさん も心理的安全な場の提供をしてくれていますし、さらにいうならポジティブ・フィードバックの名手です。ありとあらゆる場面でポジティブなフィードバックをしてくれます。ただのおだてではなく、本音で思っているであろう部分のみを言ってもらえます。ホクホク。ファシリテーションもうまい。そしていわゆる Learning animal です。

今日バズっていたこちらの記事の著者でもあります。

1on1 ノウハウの共有

Personality / 今一番はまっている趣味は?

人となりを知ることができる質問。

「パックマンですよね」と事前に知っていただいていたところからスタート。私は2021年5月からほぼ毎日パックマン99をプレイしていて、 2022/02/07 現在 1883勝しています。なお、パックマン99は500万以上ダウンロードされていて、その中で世界ランク39位になります。

私は一つのゲームを突き詰めるのが好きで、例えばドラクエのレベルを99まであげたり、バーチャファイターを10年以上やりこんだりするタイプです。そして、その気質は仕事でも変わりません。

というような説明をしました。

まとめ

リモート環境下で人・組織の業務について知ることができる社内インタビューについて紹介しました。これだけですべてを解決できるわけではありませんが、1つの施策だけで解決できるものでもないので1要素としてのご紹介でした。

なお、私にとっては組織の特徴としてのスピード感や、取締役であるすもけさんとラフにお話できる点からのフラットさを実感できる出来事でもありました。