【AWS】統合脅威管理「Sophos UTM」を使ってVPCへSSL-VPN接続する(iPhone編)

2013.10.20

はじめに

こんにちは植木和樹です。先日「【AWS】統合脅威管理「Sophos UTM」を使ってiPhoneからVPCへIPsec-VPN接続する」というエントリでSophos UTMをVPNサーバーとしたIPsec接続を行う方法を紹介しました。

Sophos UTMではIPsec-VPN以外にもSSL-VPNをサポートしています。IPsec-VPNは「拠点間VPN接続」、SSL-VPNは「リモートアクセス」に適した接続方法だそうです。本日はSSL-VPNを用いて様々な機器(Windows7, iPhone, Android)からのリモートアクセスを試してみたいと思います。長くなりそうなので機器ごとにエントリを分けたいと思います。

環境

システム構成図

20131016_sophos_ssl-vpn_001

接続先Webサーバーの用意

EC2サーバーにApacheをインストールしWebサーバーとしています。接続されるWebサーバー側は以下の項目を設定するのを忘れないようにしましょう。

  • VPC Route Tableで「VPN Pool(SSL)」のルーティングをSophosサーバーに向ける。
    20131016_sophos_ssl-vpn_002
  • EC2のセキュリティグループで「VPN Pool(SSL)」アドレスレンジからの接続を許可する。
    20131016_sophos_ssl-vpn_003

特にRoute Tableを設定し忘れると、帰りのパケットがInternet Gatewayに行ってしまい接続を確立できませんので注意してください。

なおSSL-VPNで接続したクライアントに割り当てられるIPアドレスのレンジは[ネットワーク定義]の画面で確認・変更することができます。

20131016_sophos_ssl-vpn_015

SSL-VPNサーバー側の設定

まずSophos側の設定を行います。

接続ユーザーの作成

Sophosの初期設定と接続ユーザーの作成はIPsec-VPNと同じです。「【AWS】統合脅威管理「Sophos UTM」を使ってiPhoneからVPCへIPsec-VPN接続する」の「リモートアクセスユーザーを作成する」までを参考にユーザーを作成しておきます。

SSL-VPN接続設定

[リモートアクセス]-[SSL]をクリックして設定画面を開きます。

20131016_sophos_ssl-vpn_011

プロファイル名に「my-ssl-vpn」と入力します。次にユーザーとグループのフォルダのアイコンをクリックし、画面左側に表示されるユーザー一覧からVPN接続を許可するユーザーをドラッグアンドドロップで追加します。ユーザーが複数の場合は事前にユーザーをグループに追加して、グループに対して接続許可をするのが良いでしょう。

20131016_sophos_ssl-vpn_012

ローカルネットワークのフォルダアイコンをクリックし、画面左側に表示されるネットワーク一覧からVPN経由のユーザーに対して接続を許可するネットワークを選択します。ユーザーと同様ドラッグアンドドロップで追加することができます。

20131016_sophos_ssl-vpn_013

ユーザーとネットワークの設定が終わったら「保存」をクリックします。

iPhoneからの接続

端末はiPhone5(iOS 6.1.4)を使いました。VPN接続には関係ないと思いますが、キャリアはSoftbankです。

2013/10/23 追記:iOS 7.0.3 での動作を確認しました。

iPhoneへのSSL-VPNクライアントのインストール

iPhoneでSafariブラウザを起動し、SophosのグローバルIP(EIP)にHTTPSで接続してユーザーポータル画面を開きます。「識別情報が検証できない」というメッセージがでますが「続ける」をクリックします。

20131016_sophos_ssl-vpn_101

ユーザーとパスワードを入力してログインします。

20131016_sophos_ssl-vpn_103

画面上部の「リモートアクセス」をクリックします。

20131016_sophos_ssl-vpn_104

画面下にiPhone/Android用の設定があります。設定をダウンロードする前に文中のリンクをクリックしてiPhone用SSL-VPNクライアントソフトをインストールします。

20131016_sophos_ssl-vpn_105

リンクをクリックするとAppStoreの画面が開きます。

20131016_sophos_ssl-vpn_106

ボタンをクリックしてインストールを行います。

20131016_sophos_ssl-vpn_107

OpenVPNのクライアントソフトがインストールできました。この画面はそのままにして、再度Safariの画面に戻ってください。

20131016_sophos_ssl-vpn_108

SSL-VPN設定のインストール

先ほどのiPhone/Android用設定の「Install」ボタンをクリックし、VPN設定をインストールします。

20131016_sophos_ssl-vpn_109

「OpenVPNで開く」をクリックすると設定のインストールが始まります。

20131016_sophos_ssl-vpn_110

新しいプロファイルがiPhoneにインストールされたので、プラスのアイコンをクリックしてインポートします。

20131016_sophos_ssl-vpn_111

SSL-VPNでの接続

VPNの接続画面が開きますので、ユーザーとパスワードを入力します。パスワードを入力後リターンキーをタップするとVPN接続が開始されます。なおオススメはしませんが「Save」スイッチを右側にしておくと入力したパスワードを保存しておくことができるため、次回以降入力が不要になります。

20131016_sophos_ssl-vpn_112

VPN接続して良いか確認されますので「Yes」をタップします。

20131016_sophos_ssl-vpn_113

状態が "Connecting..." に変わり、しばらくするとVPN接続が確立されます。iPhoneの画面上部にVPNのアイコンが表示されていればVPN接続中になります。

20131016_sophos_ssl-vpn_114

これでiPhoneとVPCがVPNで接続されました。WebサーバーにプライベートIPアドレスで接続してみましょう。

20131016_sophos_ssl-vpn_116

成功です!画面が表示されました!
Sophos管理画面の[リモートアクセス]をクリックすると、接続中のオンラインユーザーを確認することができます。

20131016_sophos_ssl-vpn_014

2013/10/23 追記:iOS 7.0.3 での動作を確認しました。

20131018_sophos_ssl-vpn_300

SSL-VPNの切断・再接続

なおVPNの切断や再度VPN接続を行いたい場合は、インストールしたOpenVPNのアプリケーションを起動して画面からスイッチを操作してください。

20131016_sophos_ssl-vpn_115

ユーザーのVPN接続を拒否したい場合

たとえばiPhoneを紛失してしまった場合などは、そのiPhoneからのVPN接続を禁止することができます。[ユーザーとグループ]からユーザー一覧画面を開き、対象ユーザーのステータスを無効にします。

20131016_sophos_ssl-vpn_016

すると、iPhoneからVPN接続しようとすると認証失敗となって接続できなくなりました。

20131016_sophos_ssl-vpn_117

まとめ

iPhoneではユーザーポータル画面からSSL-VPNのクライアントアプリも設定のインストールもできるため、とても簡単にSSL-VPNを設定することができました。Sophos側の設定画面もわかりやすいので、おそらくSophos用EC2の起動から始めても半日もかからずSSL-VPNを設定できるかと思います。まさに早い、安い、簡単ですね。

AWSでSSL-VPNを検討されている方は、ぜひSophos UTMを試してみてください!