Tableau Server:新ライセンス体系におけるサイトロール別の「出来ること」について #tableau

Tableauではv2018.1よりライセンス体系が新しくなっており、その中でTableau Serverについては保持しているライセンスによって出来る事が異なります。当エントリではその詳細について内容を確認してみたいと思います。
2018.05.04

Tableauではv2018.1よりライセンス体系が新しくなっており、その中でTableau Serverについては保持しているライセンスによって出来る事が異なります。当エントリではその詳細について内容を確認してみたいと思います。

目次

 

新旧ライセンス体系の確認

従来(〜v10.5)のライセンス体系で作成可能なユーザーのロールは以下の通りです。
(※参照:ユーザーのサイト ロールの設定)

  • サーバー管理者
  • サイト管理者
  • パブリッシャー
  • インタラクター
  • ビューアー
  • ライセンスなし

そして、新規(v2018.1〜)ライセンス体系で作成可能なユーザーのロールは以下の通りです。

  • Server Administrator
  • Site Administrator Creator
  • Creator
  • Site Administrator Explorer
  • Explorer(can publish)
  • Explorer
  • 読み取り専用
  • Viewer
  • ライセンスなし

 

ライセンス別:設定可能なサイトの役割

新ライセンス体系に於けるライセンス毎での「出来ること」については以下のページで言及されています。以降、その詳細を見ていきます。

 

Creatorライセンスで設定可能なサイトの役割

Creatorライセンスを持つユーザーは、Tableau Prep、Tableau Desktop、Tableau Bridge、Tableau MobileなどのTableauクライアントにアクセス出来る他、Tableau Serverの権限を利用出来ます。

ロール名
(既存ライセンス体系)
ロール名
(新ライセンス体系)
ロール説明:出来ること
(新ライセンス体系)
サーバー管理者 Server Administrator
  • Tableau Serverでのみ利用可能なロール
    (Tableau Onlineでは適用されません)。
  • Tableau Serverの構成設定
  • Tableau Server上の全てのコンテンツ資産に無制限にアクセス
    • サイト
    • ユーザー及びグループ
    • プロジェクト
    • データソース(接続情報を含む)
    • ワークブックなど
  • Tableauに公開されたデータソースや外部データを以下のクライアントからアクセス
    • ブラウザ
    • Tableau Desktop
    • Tableau Prep
  • 新規データソースを作成&公開
  • ワークブックの作成&Publish
---- Site Administrator Creator
  • Tableau Onlineでの最高レベルのアクセス権限を保持
  • サイトレベルでのクライアント経由でのTableauに公開されたデータソースや外部データへのアクセス
    • ブラウザ
    • Tableau Desktop
    • Tableau Prep
  • 新しいデータソースの作成
  • コンテンツの作成&Publish
  • (サイトにおける)ユーザーの管理・サイトの役割とサイトメンバーシップの割り当て
---- Creator
  • (既存ライセンス体系での)Publisherのサイトの役割と似ている
  • 管理者以外のユーザーに対して最大レベルのコンテンツアクセスを提供
  • ブラウザでのTableauに公開されたデータソースや外部データへのアクセス
  • データソースとワークブックの作成及びPublish
  • Dashboardスターターへのアクセス(Tableau Onlineのみ)
  • 公開されたビューでの対話機能の使用
  • Tableau PrepまたはTableau Desktopのデータに接続
  • ワークブックとデータソースのPublish(アップロード&保存)及びダウンロード

 

Explorerライセンスで設定可能なサイトの役割

Explorerライセンスを持つユーザーは、ブラウザまたはTableau MobileからTableau Serverにアクセスする事が出来ます。(Tableau DesktopやTableau Prepは利用出来ません)

ロール名
(既存ライセンス体系)
ロール名
(新ライセンス体系)
ロール説明
(新ライセンス体系)
サイト管理者 Site Administrator
  • Site Administratorと同様に、サイトとユーザー設定にアクセス可能。
  • Web編集環境からの外部データには接続出来ない。
  • Tableauの公開データソースに接続してワークブックを作成
  • 既存のワークブックを編集・保存
パブリッシャー Explorer(can Publish)
  • Tableau Desktopから新しいコンテンツをPublish
  • Publishされたビューを参照し対話
  • 全てのインタラクション機能を使用可能
  • Web編集環境:既存のワークブックを編集・保存、ワークブックに埋め込まれたデータ接続から新しいスタンドアロンデータソースを保存可能
  • 外部データに接続して新しいデータソースを作成する事は出来ない
インタラクター Explorer
  • Publishされたビューの参照&操作
  • コンテンツの購読
  • データ駆動型アラートを作成
  • ブラウザでTableau 公開データソースに接続、アドホッククエリを作成

 

Viewerライセンスで設定可能なサイトの役割

Viewerライセンスのユーザーは基本的には"コンテンツの参照"が出来る形となっています。

ロール名
(既存ライセンス体系)
ロール名
(新ライセンス体系)
ロール説明
(新ライセンス体系)
N/A Viewer
  • 他の人が作成・Publishしたビューやカスタムビューを参照
  • 殆どのインタラクション機能を使用
  • データには接続出来ない

(注:新ライセンス体系でのViewerのサイトの役割では、より多くの権限が与えられています。既存ライセンス体系でのサイトの役割は"読み取り専用"と呼ばれていました)

Viewer Read-Only
  • 他の人が作成・Publishしたビューを参照
  • カスタムビューの操作は不可
ライセンスなし ライセンスなし
  • Tableau ServerまたはTableau Onlineへのサインイン不可

 

どのユーザーならば"コンテンツを公開(publish)"出来るのか

以下は、細分化されたユーザーロールの中で「どのユーザーロールならばコンテンツのPublishが出来るのか」をまとめたものとなります。

ライセンス ロール 可否 説明
Creator Server Administrator
Site Administrator Creator
Creator
Explorer Site Administrator Explorer サイトで制限されている範囲内に於いて可能
Explorer(can Publish) サイトで制限されている範囲内に於いて可能
Explorer
Viewer Viewer
Read-Only
ライセンスなし

Creatorライセンス及びExplorerライセンスでのPublishの確認を行ってみました。Creatorについては一通り問題なし、Explorerについては以下各種ロールを持ったユーザを作成し、

個別にPublishを試みてみたところ...

Explorerのユーザーについては上記記載の内容の通り、Publishが実施出来ませんでした。

 

まとめ

という訳でTableauの新ライセンス体系に於ける「Tabelau Serverのロール別で出来ること」の詳細のご紹介でした。

新ライセンス体系では3つのライセンス毎に詳細なロール制御が可能となっています。ユーザー毎に実現したい処理内容を見極めた上で、その条件に適したロールを持つユーザーを作成して頂ければと思います。