#tc18 王者は誰だ?! Iron Vizレポート – Tableau Conference 2018 at New Orleans

2018.10.26

目次

本エントリーでは、2018年10月24日に実施された「Iron Viz」についてご紹介します。

目次は下記の通りです。

また、本エントリーは「Iron Vizってそもそも何?」といった方に雰囲気を伝えることを目的としています。
もし詳細を知りたい方はこちらから動画をご参照ください。
(決勝戦は2:01:30~くらいから始まります。)

1.Iron Vizとは

「Iron Viz」とは、ざっくり言うと「制限時間内に誰が一番いいVizを作れるか選手権」です。
日頃Tableauで培ったViz作成スキルを競いあい、優勝者には$2,000と名誉が与えられます。

「Iron Viz」のより詳細な説明についてはTableauの公式ドキュメントをご参照ください。

今回のカンファレンスでは、「Iron Viz Global」の決勝戦が行われました。
「Iron Viz」の決勝戦は「Viz作成」から「表彰」までを1時間で完了させるので、とてもスピーディーです。

2.決勝戦が始まるまで

決勝戦開始前の会場はいい感じに盛り上がっています。

会場全体が盛り上がっていると、決勝戦開始の時間となり司会者の2人がやって来ました。
人が多くて驚いていたようでしたが、今回の「Iron Viz」のルールを説明してくれました。

大まかなルールは下記の通りです。  

  • 今回の決勝戦では3名の中からチャンピオンを決める
  • 壇上で作業をする
  • 制限時間内に「Tableau Prep」でデータを前処理し、DesktopでVizを作成する
  • 制限時間は20分

20分以内で「Prep」の前処理、「Viz作成」を済ませるとなると、かなりのスピード感が求められます。

続いて、チャレンジャーの登壇です。
上から順に「Ludovic Tavernier」さん、「Corey Jones」さん、「Timothy vermeiren」さんです。
1時間後にはこの3名の中から「Iron Viz Global」の優勝者が決まることになります。

続いて「審査項目」が発表されました。
今回の審査項目は下記の3点です。

  • 分析力
  • デザイン
  • ストーリーテリング

こちらのエントリーの「5.結論」で述べたように、分析、デザイン、ストーリーテリングはそれぞれ下記のように異なる役割がある点にご注意ください。

分析:何かを見つける
デザイン:発見したものを明瞭な形にする
ストーリーテリング:なぜそれが起きたかを提示する

この後に「審査員の紹介」と、審査点は「審査員、観衆からの投票」の2パターンからなることが発表されました。
更にその後に今回の決勝戦で使うデータについて発表されました。
今回はIBMが公開している天気データを利用するとのことです。

以上で、準備は完了です。
司会者の「Iron Viz!!!」の掛け声とともに決勝戦開始です。

3.決勝戦開始!!

決勝戦の20分間は、各チャレンジャーの作業画面をスクリーンに表示しつつ、色々な方にインタビューをしていました。

・作業画面

・審査員にインタビューしたり

・地元ルイジアナの大学の学生を紹介したり

・シンガポールのTableauユーザーグループのリーダーにインタビューしたり

色々な方へのインタビューをしていると20分はあっという間に過ぎ去り、「審査の時間」へと移ります...。
(あくまでも筆者の主観ですが、3名とも10分ほどでシート作成を完了し、ダッシュボードの見せ方を調整していました。作業スピードが早すぎです。)

4.決勝戦終了!優勝者は...

審査では、各チャレンジャーごとに「Vizの説明」をし、「審査員からの質問に回答」します。

・Vizの説明をする「Ludovic Tavernier」さん

・質問する審査員さん

全チャレンジャーの発表が終わると、少しの時間を置いて優勝者の発表に移ります。

今回の優勝者は....

「Timothy vermeiren」さんです!!!
(某アイドルを彷彿とさせるエビぞりジャンプですね)

こちらが「Timothy vermeiren」さんが作成したVizです。

早速、こちらのVizを「Tableau Public」からダウンロードして中身を確認してみたいところですが、本エントリー執筆時点(2018年10月25日)ではアップロードが確認できませんでした。
(いつかアップロードされるのかしら)

最後に挑戦者3名の集合写真を見てお別れです。

5.まとめ

ということで、今回の「Iron Viz Global」は「Timothy vermeiren」さんの優勝で終わりました。
腕に自信のある方は、是非次回の「Iron Viz」にチャレンジしてみてください。

また、本決勝戦の動画はこちらにアップロードされています。私の書き方では「Iron Viz」の熱さを伝えきれなかったので、是非実際に動画を見ていただけたらと思います。 (決勝戦は2:01:30~くらいから始まります。)