ThoughtSpotでGeo chartsを表示してみる(初心者向け)

ThoughtSpotのGeo chartsを使って、世界・日本の基本的な可視化をする。
2021.01.13

データアナリティクス事業本部、池田です。
Geo charts(地図を使った可視化) って便利ですよね。見た目も華やかですし。
ということで、ThoughtSpot でやってみました。 シンプルなデータを使った基本的な設定方法などのご紹介です。 内容は、ThoughtSpotのガイド(Version 6.1時点)の Geo chartsThoughtSpot Tutorials for Snowflake Partner Connect を参考にしています。

サンプルデータへの接続

今回は、サンプルデータとして、 Snowflakeトライアルはこちら )上でも提供されている TPC-H を使用します。 選んだ理由としては、 NATION という国関連のテーブルがあり、 Snowflakeドキュメント上に ER図 もあるので扱い易そうだったからです。 (現時点の私の環境だと1992年~1998年の注文データが格納されていました。)

参考↓

ThoughtSpotのトライアルを始めてみた

ThoughtSpotからSnowflakeへの接続を作成してみる

接続

まずは接続を作成していきます。

Snowflakeを選択します。

SNOWFLAKE_SAMPLE_DATA.TPCH_SF1 スキーマまでの接続情報を入力します。

使用するテーブルを選択します。 画像ではいくつか選択していますが、今回使うのは ORDERSCUSTOMERNATION です。

各テーブルがThoughtSpotへ連携されました。

次節から↑これらのテーブルに設定を行っていきます。

設定

NATIONのGEO CONFIG

NATION テーブルの N_NAME 列に国名が格納されているので、 Geoの設定を行います。 テーブル名をクリックした先の列のタブで、 N_NAME 列の GEO CONFIG 項目に Country を設定します。

はい、当ブログのポイントはここだけです。お疲れ様でした。

各テーブルのJoins

先述のER図を参考に、Joinsのタブで、注文情報から国(地域)までを紐づけます。 ORDERSCUSTOMERNATION (→ REGION )とそれぞれをキーでつないでいきます。

↓View Schemaという機能で確認すると最終的にこんな感じ。

その他

とりあえずで動かす分には必要無いと思いますが、各テーブルの列の設定を適宜行います。 テーブル接続時に自動で設定されているCOLUMN TYPEやAGGREGATIONなどです。

また、本章に記載の列の設定は、テーブルに対してではなく、 ワークシート を作成してそれに対して同様の設定をすることもできます。 この辺りはデータソースの使い方なども踏まえての使い分けが必要かと思います。
(参考ブログ: ThoughtSpotの列に関する設定

検索

設定ができたので、検索してみます。

データソースとして先ほど設定したテーブルを全て選択して、 1997年のtotalpriceを国名別に検索しました!

調整

もうそれっぽい感じですが、ラベルを付けます。

歯車のアイコンで出現するタブから、 Y-axis の部分をクリックして、 Data Labels にチェックをつけ、そのあとの項目も適宜選択します。

いい感じに可視化できましたね。

(おまけ)都道府県データでの可視化

ついでに日本国内のデータでやってみます。

日本は執筆時点で、都道府県名(Prefecture)と市区町村名(PMC)に対応 しているようです。 ( Geo Map Reference
↓データはこんな感じのものを用意しました。(売上と都道府県情報を含むものです。)

↓設定はこんな感じで選択するだけです。

↓いい感じに検索できました。

おわりに

GEO CONFIG は日本の市区町村も対応していますし、 国によっては郵便番号も使えます。
いろいろな可視化と発見ができそうな気がします。

参考文献