Snowflakeの組織に追加のアカウントを作成してみた

2022.12.21

こんにちは!DA(データアナリティクス)事業本部 サービスソリューション部の大高です。

Snowflakeでは、自身が利用するアカウントが所属する組織に対して、追加でアカウントを作成することができます。

今回は、実際にこの機能を利用して「組織」に「アカウント」を追加してみたいと思います。

前提とやりたいこと

前提

現在利用しているアカウントは以下のようなアカウントになります。

  • Standardエディションで利用をしているアカウント
  • 組織に対して、1つのアカウントだけが存在している状態
  • 自分自身はACCOUNTADMINロールを利用可能
  • ORGADMINロールは存在している
SHOW ROLES LIKE 'ORGADMIN%';
+-------------------------------+----------+------------+------------+--------------+-------------------+------------------+---------------+-------+-----------------------------------------------------------------------------------+
| created_on                    | name     | is_default | is_current | is_inherited | assigned_to_users | granted_to_roles | granted_roles | owner | comment                                                                           |
|-------------------------------+----------+------------+------------+--------------+-------------------+------------------+---------------+-------+-----------------------------------------------------------------------------------|
| 2022-07-15 16:12:29.778 -0700 | ORGADMIN | N          | N          | N            |                 1 |                0 |             0 |       | Organization administrator can manage organizations and accounts in organizations |
+-------------------------------+----------+------------+------------+--------------+-------------------+------------------+---------------+-------+-----------------------------------------------------------------------------------+
1 Row(s) produced. Time Elapsed: 0.199s

なお、ORGADMINロールが無効となっている場合には、下記のドキュメントにも記載のとおり、Snowflakeサポートに問い合わせをして有効化することができます。

やりたいこと

今回はアカウント追加として、以下を実施したいと思います。

  • 新規に「組織」に「アカウント」を追加する
  • 追加するアカウントはBusiness Criticalエディションとする

やってみる

では、下記のドキュメントを参考に実際にアカウントを追加していきます。

ORGADMINロールの割り当て

まずは、自分自身にORGADMINロールを割り当てます。割り当て方には「ユーザー」に割り当てる方法と、「ロール」に割り当てる方法がありますが、今回は「ユーザー」に割り当てます。

例として、以下のようにユーザーにロールを割り当てます。(※設定値はサンプルです)

USE ROLE ACCOUNTADMIN;

GRANT ROLE ORGADMIN TO USER "Elidibus";

アカウントの作成

次にORGADMINロールにスイッチして、アカウントを作成します。

例として、以下のように管理者ユーザーを指定しつつ作成します。(※設定値はサンプルです)

USE ROLE ORGADMIN;

CREATE ACCOUNT pandemoniumu
  ADMIN_NAME = "Lahabrea"
  ADMIN_PASSWORD = 'NM$N$eM77HJ#F}p@'
  EMAIL = 'lahabrea@amaurot.com'
  EDITION = BUSINESS_CRITICAL
;

作成に成功すると、以下のような結果が返ってきます。

+--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+
| status                                                                                                                                                                                                                                                                                                 |
|--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------|
| {"accountLocator":"SAMPLE","accountLocatorUrl":"https://sample.ap-northeast-1.aws.snowflakecomputing.com","accountName":"PANDEMONIUMU","url":"https://sample-pandemoniumu.snowflakecomputing.com","edition":"BUSINESS_CRITICAL","regionGroup":"PUBLIC","cloud":"AWS","region":"AWS_AP_NORTHEAST_1"} |
+--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+

実際に該当アカウントにログインしてみましょう。ログイン先のURLはクエリ結果として表示されたurlを、ログインユーザーとパスワードは自分が実行したクエリで指定したものを利用します。

初期パスワードからパスワードを変更します。

ログインできました!ついでに新しいUIに切り替えて再ログインします。

新しいUI(Snowsight)に切り替わりました。

言語設定が英語になっているので、プロファイルを開いて変更しておきましょう。

言語に「日本語」を指定して保存します。

これでOKですね。

なお、アカウントを新規追加したアカウント側で以下のクエリを実行すると、想定どおりアカウント追加されていることも確認できます。

USE ROLE ORGADMIN;

SHOW ORGANIZATION ACCOUNTS;

おまけ

2022年12月現在、作成したアカウントの削除にはSnowflakeサポートへの申請が必要となります。

なお、サポートケースの作成は、いまはSnowsightから作成できるので簡単に作成できるようになりましたね。

まとめ

以上、Snowflakeの組織に追加のアカウントを作成してみました。

組織にアカウントを追加することができるので、別エディションのアカウントも簡単に利用することができるのがとても素敵ですね。

注意点としては、作成したアカウントの削除にはサポート対応をいただく必要があるので、アカウントのエディションやリージョンなどは指定ミスをしないように注意が必要そうです。(アカウント名であれば変更可能

どなたかのお役に立てば幸いです。それでは!