アルファリリースされたNotionAIを試してみた

NotionAIがアルファリリースされ、弊社でも動作が有効になりました。が、利用できるのはあくまでJoinList順らしく、早めに登録したのが幸いしたのか触ることができました。実際の利用感について書いてみました。
2022.12.20

NotionAIのリリースがアナウンスされ、実際に機能が有効になりました。が、あくまでJoinList順のようで、現時点で社内で有効になっているらしいのは私だけのようです。

せっかくなので試してみたことを書いてみることにします。

使い方

新規ページを作成してテンプレートから選択します。

ダイアログがでるので、何についての文章を生成したいのか入力して送信します。

すると自動で生成され始めます。

生成終了後はそれを保持するか、生成しなおすか、破棄するかの三択となります。なお、毎回生成される文章は異なるようです。

NotionAIを再実行したい場合は/(スラッシュ)にてフローメニューを選択します。

テンプレートについて

詩やSNS等、色々パターンがありますが、本当にそのキーワードに対して謳っているのかは元のリソースによると思われます。

AWSについてはそれなりにマッチしているようですが、

タクティクスオウガ等、認知層が限定的なものについては水を濁した感じです。

あとがき

実際にどんな感じになるか気になっていました。キーワードについて正確に表現されているかどうかのチェックは必要になりそうですが、ブログ執筆等で中々文章が書き出せない時等に書き出しのアシストをして貰いたい時には優れものだと思います。