CloudWatch Logs を利用してログ出力する際、ログが途切れてしまう原因を教えてください

CloudWatch Logs を利用してログ出力する際、ログが途切れてしまう原因を教えてください

Clock Icon2023.06.13 09:00

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

困っていること

Node.js を用いた Lambda Function 内で test.log を利用して CloudWatch Logs に対しログ出力しています。ログを確認したところ出力されたログが途中で途切れてしまう場合があります。
リクエストあたりのデータ量が多いケースにおいては、ログファイルの結果が途中で途切れてしまい全て表示できていない状況です。原因について教えてください。

どう対応すればいいの?

ドキュメント 記載の通り、CloudWatch Logs では 1 つのログイベントサイズにおいて 256 KB の制約がございます。こちらを起因として当該事象が発生したと考えられます。

イベントサイズ 256 KB (最大)。このクォータは変更できません。

Lambda 関数から標準出力によって CloudWatch Logs にログを出力する場合、上記のサイズを超過するログは複数のログイベントに分割されて記録される動作となります。 事象の発生しているログイベントが 256 KB (最大) に抵触している場合、こちらの制約に起因しているものと考えられるので、ログイベントのサイズをご確認ください。
なお、ドキュメント記載の通りログサイズにつきましては、クォータの変更(上限の緩和)は出来ないことをご認識ください。

参考資料

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.