ちょっと話題の記事

誰でもめそ子になれる!バーチャルキャストでめそ子3Dモデルを使ってみた

はじめに

先日、初代めそ子及び二代目めそ子の3Dモデルを公開しました。

この3DモデルをUnityで使う方法は以下のブログが書かれています。

さて、今回はこのめそ子3Dモデルを、バーチャルキャストのバーチャルキャラクターとして使ってみたいと思います。

やってみた

実行環境の準備

バーチャルキャストの実行環境として、HTC VIVEOculus Rift & Oculus TouchWindows Mixed Realityのどれかと、そのためのWindows PCが必要になります。今回はHTC VIVEを用意しました。オフィシャルサイトにて購入出来ます。

Windows PCについてはHTC VIVEのシステム要件Virtualcastのシステム要件を満たすものとして、マウスコンピューターのNEXTGEAR-NOTE i5540SA1を用意しました。ゲーミングPCは多くのメーカーから発売されていますが、最もコストパフォーマンスが高いものがこれでした。

セットアップ

バーチャルキャストのセットアップについては、バーチャルキャストのサイトに詳しい説明があります。以下の流れになります。それぞれ、それほど難しくありません。

  1. Steamのアカウント作成
  2. Steamのインストール
  3. SteamVRのインストール
  4. VIVEの初回設定
  5. バーチャルキャストのインストール

完成した環境が以下。弊社会議室の一部スペースを使っています。

とりあえずこの時点でVirtualcastを使ってみます。

めそ子3Dモデルのセットアップ

バーチャルキャストのバーチャルキャラクターを変更するには、以下の手順が必要です。

  1. 対象の3Dモデルをニコニ立体にアップロードする。
  2. バーチャルキャストにconfig.jsonを作成し配置する。

ニコニ立体のアップロードは、以下のとおりされています。

config.jsonの中身は以下のようにします。

{
  "niconico": {
    "character_models": [
        40311,40312
    ]
  }
}

バーチャルキャラクターの切り替え

バーチャルキャストを起動します。

めそ子になれました!

まとめ

是非皆さんも試してみて下さい!