SIP Trunkingとは?(及びPBX、PSTN、VoIP、SIPの名詞解釈)

PBX、PSTN、VoIP、SIP、SIP Trunkingについての簡単説明です。

PBXとは?

PBXは英語「Private Branch eXchange」(構内交換機)の略語です。施設内の電話機同士での内線通話と、外線(公衆回線)との接続を行う電話交換機です。電話交換機と言っても、オンプレには限らない、クラウドにデプロイするか、オンプレとクラウド両方とも使うこともあります。

PSTNとは?

PSTNは英語「Public Switched Telephone Networks」(公衆交換電話網)の略語です。
昔のPSTNは基本アナログの固定電話回線と指しますが、現在はモバイル回線なども含まれています。
昔から普及された電話回線ですが、近年、通話サービスはPSTNからVoIP(IP電話)に移行する傾向性が強くなってきてます。

VoIP(IP電話)とは?

VoIPは英語「Voice over Internet Protocol(IP)」(IP電話)の略語です。
IPを利用して通話をする技術とし、チャットアプリにある音声通話によく使われています。

SIPとは?

SIPは英語の「Session Initiation Protocol」(セッション確立プロトコル)の略語です。VoIP(IP電話)サービスによく使われています。音声通話だけではなく、メッセージ通信やビデオ通話にも使えます。SIPは最初からLow Layerと分かれる形に設計され、いろんなLow Layerのプロトコル(UDP、RDP、TLSなど)と接合することができます。

SIP Trunkingとは?

SIP TrunkingはSIPをベースとした、PBXと公共通話サービス(VoIP/Phone <-> PBX <-> SIP Trunking <-> PSTN)の中継システムとなります。
SIP Trunkingは用意された回線やチャンネルなどで、たくさんのユーザー間通話を行います。
コールセンターによく使われ、従来的な通話システムより管理・スケーリングしやすく(例えばTwilio Elastic SIP Trunkingには、必要な分だけの自動スケーリング機能もあります)、全体コストが低ひくいです。