Alteryx Serverの管理者機能紹介(Workflow管理編)

こんにちは、小澤です。

Alteryx ServerのGalleryにおける管理者向け機能紹介第3弾となります。 今回は左メニューの上から3つ目に位置するWorkflow管理について紹介します。

Workflow管理機能

メニューから「WORKFLOWS」を選択すると下のような画面になります。

スクリーンショット 2017-03-24 9.45.52

管理者はこの画面でWorkflow, Apps, Macroの追加や削除、実行モードの設定などが行えます。 また、Workflowにタグ付けを行うことで、検索しやすくすることもできます。

Workflow, Apps, MacroはGalleryからダウンロードしたり、WorkflowやAppsをGallery上から実行したりできます。

Workflowの追加

この画面からWorkflowを追加するには、通常のWorkflowファイルである「.yxmd」ではなく、「.yxzp」でパッケージングする必要があります。 Alteryx Designerで Options > Export Workflow を選択して、yxzpファイルを生成してください

スクリーンショット 2017-03-24 11.10.19

スクリーンショット 2017-03-24 11.12.02

「Add New Workflow」から、作成したyxzpファイルを選択すると、確認のプロセスが入ったのちアップロードされます。

スクリーンショット 2017-03-24 11.13.30

スクリーンショット 2017-03-24 11.13.45

スクリーンショット 2017-03-24 11.13.54

タグの作成

次にWorkflowへ付与可能なタグの作成を行います タグの作成は下側の「Tags」で行います。

スクリーンショット 2017-03-24 11.19.002

スクリーンショット 2017-03-24 11.19.412

Workflowの編集

Workflowを選択すると編集画面に遷移します。

スクリーンショット 2017-03-24 11.24.19

設定項目にある「Run Mode」は、WorkflowをGalleryで実行するためのレベル設定となります。 これは、Gallery上で利用禁止のツールを含む場合なでに適切な設定をするためのものになります。 各レベルは

レベル できること
Unrestricted すべてのWorkflowを実行可能
Semi-safe ローカル以外のデータへのアクセスがあるWorkflowの実行を禁止する
Safe ローカル以外のデータへのアクセスとRun Commnad Tool, Download Tool, Email Tool, R tool, Run Command event, Send Email Eventの利用を禁止する

その他の項目として

 項目 意味
Requires Private Data ライセンスが必要なデータが含まれるか
Private Data Exemption Private Dataがふくまれるものを免除することができるか

となります。

また、「ADD TAGS」から先ほど作成したタグの付与を行うことができます。

未登録ユーザのWorkflow実行許可

Workflow管理画面の上部にある「Enable unregistered users to run Public Gallery workflows」で未登録ユーザによるWorkflowの実行を許可するかの設定がおこなえます。

スクリーンショット 2017-03-24 9.45.52 2

終わりに

今回はAlteryx Serverの管理者向け機能のうち、Workflow管理について解説しました。 次回は、メニュー項目では少し飛びますが、workflowのクレデンシャル管理ついて解説する予定となります。