Alteryx2018.3新機能:InsightツールでダッシュボードをGalleryに公開できるようになりました

こんにちは。Alteryxサポートエンジニアとして勉強中のスズです。

日本時間の2018年8月28日、Alteryxのバージョン2018.3がリリースされました。

Alteryx Designer 2018.3では、新たにInsightツールが追加されました。Insightツールでは、複数のチャート(グラフ)やテキストを配置して、ダッシュボードを作成することができます。当エントリではInsightツールについてご紹介いたします。

関連エントリ:

Alteryx2018.3新機能:Insightツールのダッシュボードの作成に使用できる機能のご紹介

Insightツールでダッシュボードを作ってみた

Insightツールは、Reportingグループ内に用意されています。

早速Insightツールを試してみます。Insightツールでのチャートの作成のため、Text Inputツールを用いて以下のデータを用意しました。

ワークフローにInsightツールを追加してText Inputツールと接続します。この時点では、[Configure Insight]がグレーアウトしているためクリックできません。

一度ワークフローを実行すると、Insightツールが接続元のツールからデータを受け取り、[Configure Insight]をクリックできるようになります。

[Configure Insight]をクリックすると、以下のウィンドウが表示されます。このウィンドウ上でチャートやテキストを配置していきます。

まずはチャートを追加してみます。「Drop Element Here」と表示されている画面に[Chart]をドラッグ&ドロップすると、チャートが追加されます。

チャートの[Edit]をクリックすると、チャートの設定画面が表示されます。この画面にて[Add Layer]からレイヤーを追加し、データなどを設定してチャートを作成していきます。

設定後に[Close Editor]をクリックすると元の画面に戻り、作成したチャートが表示されています。

さらに[Chart]を追加して複数のチャートを同じ画面上に配置することや、チャートの大きさを調整することも可能です。

[Text]をドラッグ&ドロップすると、任意の文字列を入力することができます。

画面上部には[Design]と[Preview]という表示があります。[Design]ではチャートなどの配置を行い、[Preview]ではダッシュボードのプレビューを表示できます。プレビューでは、マウスカーソルをあわせると数値が表示されたり、チャートを拡大して表示することなどが可能です。

Insightツールで作成したダッシュボードはGalleryに公開することができます。今度はGalleryへの公開を試してみます。

Galleryへの接続は、[File]->[Save As]->[Add a Gallery]から設定することができます。ただし、こちらから保存した場合はGalleryにワークフローがアップロードされます。

ダッシュボードをGalleryにアップロードする場合は、Insightツールの[Configure Insight]を開きます。ダッシュボードを作成したのち、[Select Gallery]のプルダウンメニューからGalleryを選択します。Galleryを選択しますと、[Publish]をクリックできるようになります。

[Publish]をクリックすると新しいウィンドウが開きます。[Insight Name]にはGalleryで表示される名前を入力できます。

[Save]をクリックし、アップロードに成功すると、ダッシュボードがGalleryの[INSIGHTS]に表示されます。

保存したダッシュボードの名前をクリックすると、ダッシュボードが表示されます。

最後に

Insightツールのご紹介でした。ダッシュボードをGalleryにアップロードすることで、他の利用者との情報共有に役立ちそうですね。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400