#17 : Alteryxサンプルワークフロー「Lifetime Value(ライフタイムバリュー/顧客生涯価値)」- Alteryx & Tableau 連携 Advent Calendar 2018

当エントリは『Alteryx&Tableau連携 Advent Calendar 2018』シリーズの17本目のエントリです。

当エントリでは、Alteryx Designerの実行ワークフローサンプル「Lifetime Value(ライフタイムバリュー/顧客生涯価値)」の内容を紹介します。

目次

 

「本日のテーマ」概要紹介

AlteryxとTableauはそのツール特性から非常に相性が良く、製品間それぞれにパートナー企業としての(特集)ページが設けられています。

本日は、Alteryx Designerの「Sample Workflows」にて展開されている「Tableau Starter Kit」の中で、「Predictive Analytics」配下の「Lifetime Value」というサンプルワークフローについて見ていきたいと思います。

このワークフローでは、売上データによる予測機能を使用して、どの顧客がコホート(同一の性質を持つ集団)の上位5%にライフタイム値を持つ可能性が高いかを判断します。 分析は、探索のためにTableau Workbookに出力されます。

 

ワークフローの全体像

ワークフローの全体像

サンプルワークフローの全体像は以下となります。

 

ワークフローを読み解く

入力データの準備と加工処理

入力データは2つ用意されています。

現在の顧客情報:顧客販売、人口統計、および心理学的データが含まれています。

新規顧客情報:

処理に先駆けて、まずは2つの入力をマージさせています。

  • Formula Tool:既存情報は「CURRENT」、新規情報は「NEW」という文字列情報をSOURCEという列名を新規作成してフィールド追加
  • Union Tool:列名による自動設定(Auto Config by Name)で結合

そして中盤では終盤で実施する予測処理のためのデータ加工を行っています。

  • Text to Column ToolEST HOUSEHOLD INCOME V5フィールドを2つのフィールドに分割、推定収入範囲の上限と下限を抽出
  • Formula ToolCHILDREN: AGE 0-18 VERSION 3という項目の文字列値を数値に変換、予測変数として使用
  • Select Tool: 予測変数を文字列から数値に変換&不要なフィールドを削除
  • Cross Tab Tool: MOSAIC GROUPフィールドをピボット
  • Imputation Tool: Null値をゼロや最頻値で置き換え
  • Select Tool:改めて不要なフィールドを削除
  • Filter Tool:マージしたデータの内容をSOURCEの内容(CURRENT or NEW)で改めて分割

フォレストモデルツール(Forest Model Tool)

上記加工処理で整ったデータを入力として、当ワークフローではフォレストモデルツール(Forest Model Tool)を使って消費行動のモデルを作成しています。フォレストモデルツールは1つのモデルを作成し、1つ以上の予測変数に基づいて、ターゲット変数を予測する一連の決定木モデルを構築します。

フォレストモデルツールについては、ちょうど同じタイミング(2018年アドベントカレンダー企画)で下記エントリでも内容を紹介しています。詳細は下記エントリも合わせてご参照ください。

今回のワークフローでは目標変数にTOTAL SPEND、予測変数は複数所定の内容を選択し、使用するツリーの数(Number of trees to use)は500としています。

ワークフロー実行後のBrowse ToolによるR Outputの内容を確認してみます。以下の様な形でレポートが出力されていました。


フォレストモデルで作成したO Output(モデルの情報)と、新規の顧客情報を入力データとしてスコアツール(Score Tool)を実施します。スコアツールは、生成されたフォレストモデルの出力を新しい顧客データに適用し、予測された消費行動を詳述するフィールドを追加します。

 

ワークフローの実行・Tableauワークブックの内容確認

画面右上の「Run」ボタン、または「Control」+「R」のショートカットでワークフローを実行。抽出ファイル(*.tde)を用いたTableauワークブック(*.twb)が出力されました。

出力されたTableauワークブックを開いてみます。予測結果を可視化したパレート図のVizを確認することが出来ました。パレート図及びTableauでのパレート図の作成方法は下記をご参照ください。

 

まとめ

という訳で、『Alteryx & Tableau 連携 Advent Calendar 2018 』17本目、「Lifetime Value(ライフタイムバリュー/顧客生涯価値)」のご紹介でした。

引き続き、明日もお楽しみに!

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400