Challenge #60: Fill in the Spatial Object ~空間オブジェクトの穴を塞ぐ~ – Alteryx Weekly Challenge

こんにちは。Alteryxサポートエンジニアとして勉強中のスズです。

当エントリは『Alteryx Weekly Challenge:Intermediate Level Advent Calendar 2018』の17日目です。

『Alteryx Weekly Challenge:Intermediate Level Advent Calendar 2018』では、Alteryx Communityで公開されているWeekly ChallengeのIntermediate Levelにひたすら1人で挑戦していきます。

今回は空間オブジェクトの穴を塞ぐに挑戦します。

動作環境

当エントリの執筆には、以下の環境を利用しています。

  • Windows 10 Pro
  • Alteryx Designer 2018.4.4.54346 英語版

Challenge #60: Fill in the Spatial Object

お題

今回挑戦するお題はこちら。

「Input」側のデータはこちら。Requltsウィンドウで確認すると、Polygonというデータが用意されています。このPolygonデータが、Configurationウィンドウで表示されているエリアを表しています。

「Output」側のデータはこちら。「Input」側のデータにあった穴がなくなっています。

解答の概要

今回作成するワーフクローは以下の通りです。

  1. Polygonデータから穴を除去
  2. Polygonデータを再作成

Polygonデータから穴を除去

Poly-Splitツール(Spatial -> Poly-Split)を使用して、Polygonデータを分割します。Spatial Field にはPolygonデータが存在する列を選択し、Split To には Detailed Regions を選択します。

「Split_IsHole」列が作成され、True/Falseが表示されています。Polygonデータが穴かどうかを判別できます。

Filterツール(Preparation -> Filter)を使用して、穴以外のPolygonデータのみ抽出します。Basic filter を選択して、「Split_IsHole」列が「Is false」のデータを T (True) に出力します。

Polygonデータを再作成

Filterツールの T に出力されたデータを確認すると、「pol3」が2つに分かれています。この「pol3」を1つにまとめます。

再度Poly-Splitツールを使用します。Spatial Field にはPolygonデータが存在する列を選択し、Split To には Points を選択します。

PolygonデータからPointデータに変換されました。

Poly-Buildツール(Spatial -> Points)を使用して、PointデータからPolygonデータを作成します。

以下のとおり設定しています。

  • Build Medhod: Sequence Polygon
  • Source Field: Split_SpatialObj
  • Group Field: Label

Browseツール(In/Out -> Browse)を追加して結果を確認。完成です。

おまけ

今回、「Input」「Output」に用意されているデータに合わせて地図は表示していませんが、Browseツールで Catro (Positron) - Most Recent Vintage を選択した場合は以下のような表示になります。

最後に

今回はWeekly ChallengeのChallenge #60: Fill in the Spatial Objectに挑戦しました。

明日もお楽しみに!

サンプルワークフローのご案内

クラスメソッドでご契約のユーザー様向けに、当ブログでご紹介したワークフローを専用ポータルにて公開しております。当エントリでご紹介したワークフローも公開予定ですので、ご参考にしていただきますと幸いです。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400