AlteryxのPower BI Outputツールを利用してPower BIに新しいデータセットを作成する

こんにちは。Alteryxサポートエンジニアとして勉強中のスズです。

今回はAlteryx Galleryにて公開されているPower BI Outputツールを使用して、Power BIに新しいデータセットを作成してみます。

Power BI Outputツールを使用するには認証が必要となります。認証については以下のエントリをご参照ください。

新しいデータセットの作成

Create new dataset を使用する

Power BIにはデータセットが存在しない状態になっています。この状態で、Alteryxから新しいデータセットを作成します。

Alteryxのワークフローにデータを用意し、Power BI Outputツールに接続します。今回は以下のデータを用意しました。

Power BI Outputツールには以下の通り設定しています。

  • Enter custom dataset and table names: チェックを入れる
  • Dataset name: 任意の名前を入力
  • Table name: 任意の名前を入力
  • Existing dataset and table behavior: Create new dataset を選択

ワークフローを実行してPower BIを確認すると、新しいデータセットが作成されています。

データもアップロードされていることを確認できました。

既存のデータセットを選択した場合

続いて Create new dataset で既存のデータセットを選択した場合を試してみます。Enter custom dataset and table names のチェックを外し、Dataset name はプルダウンメニューからデータセットを選択します。

ワークフローを実行してPower BIを確認すると、既存のデータセットとは別に、末尾に「_0」が付与された新しいデータセットが作成されています。

Create new dataset では、既存のデータセットを選択した場合も新しいデータセットとしてデータをアップロードするという動作になります。

Append rows to table を使用する

Append rows to table では、既存のデータセットではなく新しいデータセットを指定した場合には新しくデータセットが作成されます。今度は Append rows to table を試してみます。Power BI Outputツールの設定は、Existing dataset and table behavior 以外は前項のCreate new dataset を使用すると同じです。

  • Enter custom dataset and table names: チェックを入れる
  • Dataset name: 任意の名前を入力
  • Table name: 任意の名前を入力
  • Existing dataset and table behavior: Append rows to table を選択

ワークフローを実行してPower BIを確認すると、新しいデータセットが作成されています。

Replace existing dataset を使用する

Replace existing dataset では、前項のAppend rows to table を使用すると同様、既存のデータセットではなく新しいデータセットを指定した場合には新しくデータセットが作成されます。同様に Replace existing dataset を試してみます。

  • Enter custom dataset and table names: チェックを入れる
  • Dataset name: 任意の名前を入力
  • Table name: 任意の名前を入力
  • Existing dataset and table behavior: Replace existing dataset を選択

ワークフローを実行してPower BIを確認すると、新しいデータセットが作成されています。

最後に

今回はPower BIに新しいデータセットを作成してみました。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400