Alteryxでグラフをメールで送信する

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは。Alteryxサポートエンジニアとして勉強中のスズです。

今回はAlteryxで作成したグラフをメールで送信する方法をご紹介いたします。

グラフをメールで送信する

ワークフローの概要

今回作成するワークフローでは、以下の処理を行います。

  1. Input Dataツールでデータを読み込み
  2. Summarizeツールでデータの集計
  3. Chartingツールでグラフの作成
  4. Emailツールでメールの送信

ワークフローの詳細

各ツールを順番に見ていきます。

[In/Out]->[Input Data]ではファイルから以下のデータを読み込んでいます。

[Transform]->[Summarize]では、[Fields]にある「Item」を選択して[Actions]の[Add]->[Group By]によりグループ化します。また、「Item」を選択して[Add]->[Count]により各グループの個数を出力します。

[Reporting]->[Charing]では、[Chart Type]に「Pie」を選択して円グラフで表示します。[Pie Value]には「Count」、[Label Field]には「Item」を選択します。[Setup Chart Appearance]の[Title]と[Subtitle]にグラフのタイトル、サブタイトルとして文字列を追加しています。

[Reporting]->[Email]では、送信先のメールアドレス、返信先のメールアドレス、件名を直接入力で設定しています。[Body]にはChartingツールから受け取ったデータを出力するため「Chart」を選択しています。また、SMTPサーバーは[Autodetect SMTP]を有効化し、自動的に検出したものを使用するよう設定します。

ワークフローを実行して結果を確認。

メールを受信できました。画像で円グラフが出力されています。

最後に

今回は作成したグラフをメールで送信する方法をご紹介しました。これからもAlteryxの機能をご紹介していきます。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400