Alteryx ServerでWindows認証してみる

こんにちは。DI部の兼本です。

いま、私のチームでは2018年8月にリリースされたAlteryx 2018.3の新機能について先を争うようにしてエントリしていますが、そんなことは気にせず、Alteryx ServerのGallery機能とActive Directoryを連携します。

Alteryx ServerやGalleryって何?という方は以下のエントリもあわせてご覧ください。

事前準備:Active Directory(AD)の構築

最初にActive Directoryを立てます。

今回は時間短縮のために、構築済みのAlteryx Serverと同じEC2サーバ上にADを構築します。

少し古い記事ですが、こちらの記事が参考になりました。さすがは弊社宴会部長AWS事業本部長です。

ドメイン名は「alteryxdemo.local」にしています。

なお、今回は検証用に「.local」ドメインを設定していますが、「.local」ドメインを使用することで、Apple製品のネットワーク参加やMicrosoft Office365との同期などで問題が発生するケースが報告されています。

実環境でADを構築する際は社内ネットワークで問題が起きないよう、所属組織で公に登録されているDNS名を使用するようにご注意ください。

参考情報:

ADにはユーザアカウントも用意しておきます。

事前準備はこのくらいにして、Alteryx Serverの設定を行います。

Alteryx Serverには実装可能な認証方法として、以下の4方式が用意されています。

認証方式(Authentication Type) 説明
Built-in 製品にビルトインされている認証方式です。Galleryに登録されたメールアドレスとパスワードを使用します。
Integrated Windows authentication ユーザはWindows認証を使用してGalleryにアクセスします。
Integrated Windows authentication with Kerberos Windows統合認証(Kerberos)を使用してGalleryにアクセスします。
SAML authentication アイデンティティプロバイダ(IDP)が提供する認証情報を使用してGalleryにアクセスします。(2018.2で追加されました)

この設定はAlteryx Serverをインストールするとデスクトップ上に作成される「Alteryx System Settings」というショートカット、もしくは、Alteryx Designerのメニューから[Options]>[Advanced Option]>[System Settings]を選択すると表示される「システム設定」ダイアログで行います。

このダイアログの「Authentication Type」を変更することで、Windows認証やSAML認証との連携が可能となります。

※Alteryx社のヘルプなどでも記載の通り、認証タイプを設定後に再度変更するとGalleryの機能が損なわれる可能性がありますので、注意してください。

設定変更する箇所は2箇所あります。

  1. 「Authentication Type」を「Build-in」から「Integrated Windows authentication with Kerberos」に変更
  2. 「Default Gallery Administrator」の「Username」をADの管理者アカウントに変更(ユーザ名を途中まで入力すると候補が表示されます。)

設定を変更したら「Next」を押下し、設定を保存します。

以上で設定変更が完了しましたので、実際にGalleryにログインしてみます。

まずはAlteryx DesignerからGalleryにアクセスして、ワークフローを保存します。

  1. Local Galleryの登録
  2. すでにWindowsログインしているため、Administratorユーザの認証情報が使用されます。
  3. 試しにサンプルワークフローを保存し、正常にアップロードされることを確認しました。
  4. Webブラウザを起動して、保存したワークフローを確認します。Galleryにアクセスしたところ、ユーザ認証なしにAdministratorとしてログインすることができました。
  5. 最後に別のユーザでWindowsにログインし直し、Webブラウザを起動してみます。同じくログイン認証なしで、yakemotoというユーザでログインできることが確認できました。

パーミッション設定

GalleryをWindows統合認証と連携すると、Adminユーザの管理コンソールに「PERMISSIONS」というメニューが追加されます。

「PERMISSIONS」設定ではADに登録されているユーザがGalleryにログインした際、そのユーザもしくはユーザが所属するグループに対して、Galleryのどの権限を付与するのかを設定することができます。

まとめ

いかがでしたか。

今回はAlteryx ServerとActive Directoryを連携してWindows統合認証を使用する方法についてご紹介いたしました。

Windows統合認証と連携することで、イントラネット内でのAlteryx Serverの利用がよりスマートに行えますね。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400