Challenge #1: Join to Range – Alteryx Community の Weekly Challenge に挑戦してみた

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは。Alteryxサポートエンジニアとして勉強中のスズです。

Alteryx Communityには、学習リソースの1つとしてWeekly Challengeがあります。Weekly Challengeのご紹介については、以下のエントリをご参照ください。

本エントリは、Weekly Challengeに挑戦した記録です。

Weekly Challengeの過去のエントリでは既に模範解答が用意されていますが、解答を参照しない状態で挑戦しています。今回ご紹介するワークフローが最適というわけではなく、解答の一例としてご参考にしていただきますと幸いです。

Challenge #1: Join to Range

お題

今回挑戦するお題はこちらです。

「Input」側に用意されているデータは以下の2つ。

ゴールとなる「Output」側に用意されているデータは以下の通りです。

解答の概要

今回作成するワークフローは以下の通りです。

  1. Formulaツールで数字の抜き出し
  2. Append Fieldツールでデータの結合
  3. Filterツールでデータの抽出
  4. Summarizeツールでデータの集計
  5. Browseツールで結果の確認

解答の詳細

まずは Preparation -> Formula で「Range」列から始まりと終わりの4桁の数字を抜き出し、新しく「Start」「End」列を作成して出力します。また、抜き出した文字列は数値型に変換します。

2つのデータを Join -> Append Field で結合します。

Preparation -> Filter で「Portal Area」列が「Range」列の範囲内にあるデータのみを抽出します。条件の指定には Custom filter を使用して「[Start] <= [Postal Area] AND [Postal Area] <= [End]」を指定しました。

Transform -> Summarize で「Region」「Sales Rep」「Responder」列でグループ化をして、データの数を数えます。

In/Out -> Browse を接続して結果を確認します。こちらが今回作成した回答です。

最後に

今回はWeekly ChallengeのChallenge #1: Join to Rangeに挑戦してみました。今後もWeekly Challengeに挑戦した模様をご紹介していきます。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400