【小ネタ】Alteryx2018.2新機能 : ツールの整列

こんにちは、小澤です。

Alteryx Inspire 2018に夢中になっている間にリリースされていたAlteryx 2018.2ですが、 個人的に地味だけどものすごく嬉しい機能が搭載されたので、今回はそれを紹介したいと思います。

ごちゃごちゃとしたワークフロー

まずは、以下のようなワークフローをご覧ください。

ワークフローの動作には影響ないのですが、各ツールの位置やツール間の距離がマチマチで非常に気持ちが悪いです。 これくらいのワークフローであれば、簡単に直すことは可能ですが複雑なワークフローになってくると、大まかな処理の塊ごとにどこに何をハイツするのかや、コネクションがどことどこで貼られているかわかりやすい配置を考えたり...など悩ましい点が増えていきます。 そんな時にあちこち配置をいじっていたら微妙に高さや間隔が合わなくなってきたなどが発生し、それを手直ししてとしていると本質的ではないことにどんどん時間を取られていきます。

ツールの整列機能

2018.2ではそんな時に役立つ機能が追加されました。 見てみましょう。

ツールを3つ以上選択した状態で右クリックすると何やら表示されています。

ここで「Align Horizontally」を選択すると、ワークフローが以下のようになります。

なんと、縦方向の位置が同じになりました!

続いて、「Distribute Horizontally」を選択してみます。

なんと、選択したツールが等間隔で並べられました!

それぞれの「Vartically」についても同様に縦に並んだツール間の位置や等間隔配置を行なってくれます。

おわりに

今回は、Alteryx 2018.2新機能としてツールの自動整列を紹介しました。 こういった要素についてはあまり気にしない方も多いかもしれませんが、私にとっては思わずニヤけてしまうくらい嬉しい新機能でした。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400