【写真多め】会場はこんな感じでした – Alteryx Inspire 2019 #alteryx19

現地時間2019年06月10日〜2019年06月14日に米国ナッシュビルで開催されている
Alteryxの年次カンファレンスイベント「Inspire 2019」
今回クラスメソッドからは計6人のメンバーが現地参加しています。

当エントリではイベント会場の様子をレポートしていきます!写真多めです。

ホテルの全体マップ

今回の会場はホテル「Gaylord Opryland Resort & Convention Center
とにかく広くて、何度も迷子になってました。(一般でホテル滞在している方もこれは迷子になるよ〜と言ってました)
植物園のように緑がいっぱいで、雰囲気はディズニーランドにいるような気分になれます。
宿は赤のDeltaエリアに滞在していたので、コンベンションセンターまでは徒歩5分程で行けたため便利でした。

Inspire会場内のマップはとてもざっくりしていたので、各セッションの部屋には案内板を確認するか、サポートの方に都度聞く感じでした。

会場までの道のり

ホテルエントランスのドアには全てInspire仕様になっていました。

ホテルに入ると早速Welcomeボード。

スポンサーもアピールされています。

ホテルのコンシェルジュカウンターにもInspire!

こんな感じでDistanceやCreate Pointツールで案内されるのも可愛い。

至る所にInspire!

コンベンションセンターの入口

キーノート会場周辺

このエスカレータを上がるとレジストレーションやKeynote会場、下がるとEXPOや朝食・ランチ会場となっています。

レジストレーション

今回のパス(3回目の参加なので3のバッチ)

キーノート会場

ずらっと去年の倍以上の広さ

座りきれず?床に寝るスタイルも。

フリースペースでは生演奏を随時してました

EXPO周辺

下に降りるとこんな感じです

どどんとALTERNATIONの文字。

Inspireボード

EXPO入口

可愛いドリンクトラック

ソリューションセンターの入口

クッションの種類もたくさん

セッションルーム周辺

セッションルームが集まっているエリアにもソリューションセンターはあるので休憩中にサクッと質問もできます。

ここでも生バンドの生演奏

じょんすみす

こちらは11日の午後に開催されたPartner Summitのお部屋。セッションもだいたいこのぐらいの広さでした。

予約制ではなく、先着順だったので急いで次のセッションに向かうと、迷ってこんな僻地に出てしまうこともありました。

セッション会場からみえる景色

朝食・ランチ

今までのカンファレンスで一番美味しかったです!

まとめ

音楽の街、ナッシュビルでの開催だけあって生バンドが各エリアで演奏をして、映えスポットが多かった印象があります。
Inspireの特にいいところは参加者がフレンドリーで何処でも誰でも話しかける雰囲気です。
ツールびっしりのベスト、ベルト、ブーツの全身Alteryxコーデで有名なACEのMark Frischとも2ショットを撮ることができました。

何よりの思い出は、室内はとにかく寒くて寒くて凍えていました。一部では「シベリア」と呼ぶほど。休憩中は外に日光を求めたり、寒さ対策にコーヒーや緑茶をひたすら飲みながらセッションに挑む日本人参加者の姿をちらほら目にしました。
以上、会場のレポートをお届けしました。