Lookerの対応データソースについて #looker

Lookerは『次世代のデータプラットフォーム』と謳っていますので、当然ながら何らかのデータソース・データベースを入力元としているはずです。では、現在(2019年04月時点)のLookerはどのような種類のデータベース・データソースに対応しているのでしょうか。当エントリではその対応状況について確認してみたいと思います。

目次

 

『DB製品の機能を最大限活用』するLooker

Lookerは、各々の製品で展開されている、高速で強力なデータストアの力を、DBそれぞれのSQLを用いてフル活用するように設計されています。これはすなわち、データの抽出や並列データパイプライン、"データの持つ意味"に関する混乱を招く事がなくなり、データストアに投資した価値の全てを得ることが可能となります。

データをプラットフォーム内部に保持しない=セキュリティ面の安心感へ

Lookerは、全てのデータを最も安全な場所=データベース内に残したままとし、Looker内部で(抽出した)データを保持することはありません。そして行レベルまたは列レベルでデータへのアクセス制御を設定し、全てのデータアクセスを管理します。

Lookerは、その高度な機能によって現代のデータベースの能力を最大限に活用し、得られたパワーをエンドユーザーに届けることが可能です。Lookerを活用することで、既存のデータベースの価値を増やしていくことが可能となります。

 

Lookerが対応するデータソースの一覧

Lookerが対応しているデータベース・データソースの一覧は下記ページにて内容を確認することが出来ます。(2019年04月、v6.10時点のもので確認

名称だけを下記に抜き出してみました。直近の著名なデータソースについては粗方対応している印象ですね。

  • Amazon Athena
  • Amazon Aurora
  • Amazon Redshift, optionally also using Amazon Redshift Spectrum
  • Apache Hive2
  • Apache Spark 1.5+ and 2
  • Cloudera Impala
  • Clustrix
  • DataVirtuality
  • Denodo
  • Dremio
  • Druid
  • Google BigQuery Legacy SQL and Google BigQuery Standard SQL
  • Google Cloud PostgreSQL
  • Google Cloud SQL
  • Google Cloud Spanner
  • Greenplum
  • IBM DB2 on AS400 or LUW
  • IBM DB2 Warehouse on Cloud (dashDB)
  • MariaDB
  • MemSQL
  • Microsoft Azure SQL Data Warehouse
  • Microsoft Azure SQL Database
  • Microsoft SQL Server (MS SQL)
  • MongoDB using Mongo Connector for BI (MongoBI) on the same server or on MongoDB Atlas
  • MySQL
  • MySQL on Amazon RDS
  • Oracle
  • PostgreSQL
  • PostgreSQL on Heroku
  • PrestoDB
  • Qubole Presto
  • Snowflake
  • Teradata
  • Vector
  • Vertica

下記のコミュニティページでは、データベース毎のDialect(方言)サポート状況がレベル分けされています。Level 1及びLevel 2であれば扱う分には特に困らないかと思いますが、一応確認はしておいた方が良さそうですね。

管理メニューのDB方言(Dialect)選択画面でも、以下のように一覧として確認する事が出来ます。

また、LookerはDB接続にJDBCを用いており、基本的にはユーザー自身でドライバをセットアップする必要はありません。「対応していないデータベースについて、個別にJDBCドライバを用意して繋ぎたい」という要件にも一応は可能らしいのですが、全ての機能・パフォーマンスを吸収出来る形となるかは未定であり、あまりオススメとは行かないようです。ここは対応しているものを活用させて頂く方が良さそうですね。

 

Lookerは「ローカルファイルの取り込みは対応していない」

データベースの対応状況は上記の内容で分かりました。では「試しに手元にあるCSVやEXCELなどのファイルを読み込ませて探索してみたいんだけど」という要望にはどういう対応が為されているのでしょうか。

回答としては(見出しで言い切っちゃってますが)「Lookerではローカルファイルの取り込みは対応していない」形となります。私に限らず既にそのような思いを抱いたユーザーがコミュニティで聞いていますが、上記データ保持のスタンスもあり「何らかのデータベースに入れといてね!」という回答となっています。

 

まとめ

という訳で、Lookerで利用可能なデータベース・データソースの対応状況に関する内容のご紹介でした。対応の種類の多さについては何ら問題無し、ローカルファイル非対応の件についてもLookerのポリシーを踏まえれば「ですよねぇ」という感じですし、納得です。DB接続の作成及びカスタマイズ等については別途新規エントリで「試してみた」内容を書いてみたいと思います。