Lookerで『累計値』を用いたグラフを作る #looker

小ネタです。

所定の期間毎の数字を合算して表示させたい、いわゆる『累計値』として数値を計算させていきたいというケースがあるかと思います。Lookerではその辺り、実現可能なのでしょうか&そしてどうやって実現出来るのでしょうか。当エントリではその一例について内容をご紹介したいと思います。

Looker関数:running_total(value_column)を使う

テーブル計算で、Looker関数として用意されているrunning_total(value_column)を使うことで、目的を達成出来ます。

参考として使うデータを用意します。私のこれまでの年別投稿本数情報です。

テーブル計算を追加し、以下の形で関数を使った項目を用意します。

すると、以下のような形で数値が累計された形で表示されました。

表示に使いたい項目は新設した方なので、既存で用意していた項目は可視化では非表示とします。

あとはこの項目を可視化で利用すればOKです。累計の形で情報を可視化する事が出来ました!

まとめ

という訳で、Lookerにおける「累計値」の情報を可視化する方法についてのご紹介でした。

Lookerではこのような形で欲しい情報を得られる手段として『Looker関数と演算子』が用意されています。上手くこれらを組み合わせて、効率良くやりたいことを実現して頂ければと思います。