[レポート] クロージング:Looker製品ロードマップ – Join:the Tour Tokyo 2019 #looker

世界各国の会場で開催されてきたワールド・ツアーイベント「JOIN:The Tour 2019」。日本国内では「Join:the Tour Tokyo 2019」という形で2019年07月09日(火) ホテルニューオータニ 麗の間にて開催されました。

当エントリでは、その中から「クロージング:Looker製品ロードマップ」というセッションについてレポートしたいと思います。

目次

 

イベントレポート

セッションの登壇者情報は以下の通りです。

  • Colin Zima 氏(Looker 最高分析責任者)

当セッションでは、「Lookerのエクスペリエンスを実現するレイヤードアプローチ」と題して、以下大きく3つのテーマに分ける形で内容が紹介されました。


(※Looker 最高分析責任者 Colin Zima氏)

 

データエクスペリエンス

ユーザーがデータから素早く、簡単かつ視覚的にインサイトを発見し、共有出来るようにする

  • (2019年の予定・予定)
    • 速くて魅力的なダッシュボード
    • シンプルでチームベースのナビゲーション
    • 目的別アプリケーション

画面UIの改善

新しい視覚化オプション

クロスフィルタリング

SQLから直接Vizが作れるように

画面ナビゲーションの改善

売上分析

 

データプラットフォーム

開発者がすべてのデータにアクセスして収集できる共通基盤を提供

  • (2019年の目標・予定)
    • シンプルで柔軟な組み込み
    • 共有できるワークフローデータとインテグレーション
    • データエクスペリエンスの構築、発見、展開

Javascript組み込み対応(多数)

カスタムテーマ

データ駆動アラート

データ・アクション

アプリケーションディレクトリ(Marketplace対応)

 

基盤

安定かつセキュアでパフォーマンスの高いマルチクラウドエクスペリエンスを提供し、強力なエコシステムを十分に活用出来るようにする

  • (2019年の目標・予定)
    • 最新のデータモデリング
    • スケーラビリティのある管理
    • セキュリティ、コンプライアンス、ホスティング

集計・認識

システムアクティビティ

ユーザーの一括管理

マルチクラウド対応の継続

ゼロダウンタイム

コンプライアンス

 

まとめ

という訳で、「Join:the Tour Tokyo 2019」、Looker製品ロードマップセッションのレポートでした。

見出しレベル&写真のみの羅列となってしまい恐縮ですが、画面周りの改善がなされるようになるのは嬉しいところですね。また、一見すると「これはどういう機能だろう?」というものもありますが(同時通訳内容の聞き取りが追い付かずメモし切れませんでした...というか最終セッションなので既に力尽き欠けていた...というのもあるw)、その辺りもう少し詳細が判明するようであれば追記する等したいと思います。今後の機能追加・機能改善が楽しみですね!