Tableau 10.2 新機能:動的な地図縮尺が利用可能になりました #tableau

日本時間の2017/03/02夜中の時間帯に、Tableau 10.2が正式リリースされました。

Tableau 10.2でも昨年末のベータ版時点での機能一覧紹介エントリで紹介した様に気になる機能が多数追加されています。当ブログでも前バージョンまでと同様、10.2の新機能についてご紹介していきたいと思います。

tableau102_site

当エントリではTableau 10.2の新機能の1つ、『動的な地図縮尺』を紹介・解説します。

動的な地図縮尺

今を遡ること2年と2ヶ月、『半径選択』機能が追加された際に私は当時のエントリで以下のようなコメントをしておりました。

それがこの部分です。そうなんです。ついに『縮尺のアレ』が実装されたのです!!

tableau102_dynamic-scale_01

この『縮尺のアレ』を表示させるには設定の切替が必要です。地図を表示させた状態でメニューから『マップ』→地図のオプション』を選択。

tableau102_dynamic-scale_02

選択可能なチェックボックス項目に『マップスケールの表示』という項目が追加されていますのでこれにチェックを入れるだけです。チェックを入れると画面右下に『縮尺のアレ』が出てきました!

tableau102_dynamic-scale_03

勿論この縮尺は地図の縮尺を変える事で動的に情報も変わります。従来の半径選択機能についてもご覧の様に若干のスタイルリニューアルが行われているようです。

tableau102_dynamic-scale_04

まとめ

Tableau 10.2の新機能『動的な地図縮尺』に関する紹介でした。ちなみに当エントリで表示している地図についてはMapboxと連携した地図を表示しています。こちらも併せてご活用頂く事でより地図情報の表示が彩り豊かになるかと思いますので御検討頂けますと幸いです。