Tableau 2018.1 新機能紹介:Tableau Server/Onlineでワークブックをバージョン指定ダウンロード可能に #tableau

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

Tableau製品は現在バージョン2018.1がベータ版として試用可能な状態となっています。v2018.1ベータ版試用終了の旨が通知されていたのでもうじき正式リリース版も利用可能となる事が予想されますが、当エントリではそんなTableau 2018.1バージョンの機能を正式版リリースを前に少し先取りしてご紹介してみたいと思います。

当エントリで紹介する内容は『Tableau Server/Onlineでワークブックをバージョン指定ダウンロード可能に』です。

Tableau Server/Onlineのワークブックダウンロードでバージョンが指定出来るようになりました

Tableauプロダクトに於ける『バージョンの互換性』については、これまでにユーザーの中でも重要な関心事として捉えられており、互換性を持った形で任意のバージョンでやり取りする術は徐々に対応が為されるようになって来ていました。

そしてこのタイミングで、Server/Onlineでもバージョン互換性に関する対応が行われる形となりました。『指定のバージョンでワークブックをダウンロード出来る』ようになった、というものです。

では実際にどんな挙動なのか確かめてみましょう。v2018.1でワークブックを作成し、

予め用意しておいたTableau Serverに接続、

パブリッシュを実施します。

パブリッシュ完了。

パブリッシュしたワークブックの詳細画面に遷移し、[Download]をクリック。ダイアログが起動し、任意の形でファイルとしてダウンロード出来る選択肢が選べます。ここで『Tableauワークブック』を選択。

今回の肝となるダイアログが表示されました。このメニューで、ダウンロードするバージョンを選べるようになっています。

ここではちょっと前のバージョンとなる『Tableau 10.4』を選んでダウンロードしてみました。

ダウンロードしたファイル(既存ファイル名に『v10.4』という文言が付与された形でパッケージドワークブック(*.twbx)が生成されています)の詳細を確認してみます。formatVersionが10.4である事が確認出来ました。

また、Tableau Desktop v10.5でファイルを開いてみます。こちらの文言でも、対象ファイルのバージョンが10.4である事が確認出来ました。

まとめ

以上、Tableau 2018.1バージョンの新機能『Tableau Server/Onlineでワークブックをバージョン指定ダウンロード可能に』のご紹介でした。

今回ご紹介した形で、Tableau Serverから任意のバージョンのワークブックをダウンロード出来るようになったのはユーザーにとても嬉しいポイントとなるのではないでしょうか。常に最新バージョンである事が望ましくはありますが、この機能も上手く活用して分析作業を促進して行きたいですね。

Tableau 2018.1バージョンの新機能については以下のシリーズで適宜その内容をご紹介して行きたいと思います。