Tableau 2018.3 新機能紹介:ワークシートを透過表示出来るようになりました! #tableau

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

先日2018/07/31にTableau v2018.2が正式リリースされましたが、このリリースに続く形で次のバージョンである「v2018.3」についてもベータ版の情報が展開され始めています。

v2018.2の新機能紹介を始めたばかりでまだかなり気が早い気もしますが、v2018.3についても非常に興味深い内容が待ち構えているようなのでベータ版ではありますがどのような内容なのか見てみたいと思います。

当エントリで紹介する内容は2018/08/02時点でのベータ版の内容であるため、正式リリースの際には内容や情報が変更となっている可能性がありますのでご了承ください。

当エントリでご紹介するv2018.3の新機能は「ワークシートの透過表示対応」です。

ついに「ワークシートの透過表示」も出来るようになります!

つい先日(っていうか昨日)、v2018.2の新機能でダッシュボード要素が透過表示出来るようになりましたよという内容をご紹介して、その流れで「(限定的ではあるけれども)ワークシート本体を透過表示させる方法」についてチャレンジしてみましたが、今後リリースされるv2018.3のこの新機能ではいとも簡単にこのリクエストを実現出来るようになります。

ワークブック作成に移ります。まずはイメージをダッシュボードシートにドロップし、

画像を選択。

選択した画像がダッシュボードに表示されました。

次いで、画像に被せるビューを用意します。

作成したビューを上に乗せると、

このような形で初期状態では表示されます。これが従来の挙動ですね。

v2018.3ではこのビューの「書式設定」の「網掛け」を選択して、

ワークシートの網掛け設定の部分を「なし」をする事で...

御覧の様に背景部分を透過させる事が出来るのです。何て簡単なんでしょう!ステキ!!

グラフの部分も透過設定を行う事が出来るので、色々設定して以下のようなダッシュボードを作ってみました。(※例によって"見え易さ"をあまり考慮していない形になってしまいましたがご了承下さい)

まとめ

というわけで、Tableau 2018.3の新機能「ワークシートの透過表示対応」のご紹介でした。

この機能が使えるようになる事で、Tableauでのワークブック・ダッシュボード作成の自由度が更に高まる事が期待されますし、驚くようなデザインのVizも色々と出てくるのではないでしょうか。とても楽しみです。