Tableau 2019.2:日付の書式設定で新元号『令和』が表示されるようになりました!

超々小ネタです。

ですが、心待ちにしていた人も多かったのではないでしょうか。

そうです。日本の新元号『令和』がTableauでも表示出来るようになったんです!

『日付の書式設定』で"令和"の元号表記が利用可能になりました

Tableau Desktopの最新バージョンである2019.2.1をサイトからダウンロードします。(※ちなみにこの件(元号令和対応)は特にリリースノートに記載はありませんでした)

用意したデータはこちら。元号を跨ぐ日付が連なっています。

初期表示時点での内容はこちら。西暦表示です。

日付項目をメニュー選択し、[書式設定]を開きます。

日付の書式設定で[カスタム]を選択し、元号表記となるフォーマットを指定してみると...

御覧のように、年の部分が元号表記となり、2019年5月1日以降の元号部分が「令和」と表示されるようになりました!(仕様として1年の部分とは「元年」とはならないようです。残念...)

設定を変えると、以下のように省略した形での表記も可能です。

まとめ

という訳で、日付の書式設定で新元号『令和』が表示されるようになった件についてのご紹介でした。これで思う存分、ビューやダッシュボードに『令和』を入れられるようになりますね!