Tableau 2019.2 新機能紹介:ダッシュボード関連の便利機能(x2)が使えるようになりました #tableau

日本時間2019年05月22日(水)、Tableauの最新バージョンとなる「v2019.2」がリリースされました。

当エントリでは、バージョン2019.2の新機能の中から「ダッシュボードに関する便利な小技機能」を2つ、ご紹介したいと思います。

ダッシュボード内のワークシート置き換え

1つ目の機能が『ダッシュボード内のワークシート置き換え』。

あるダッシュボードに以下のような形でビューが配置されていたとします。現在選択しているビューを他のものと置き換えたいけれども、一旦外す→別のビューを差し込む、という操作だと(外したタイミングで)ダッシュボード全体のレイアウトが崩れる可能性があります。せっかく微調整したのにそれが一瞬で水の泡となってしまうのは切ないですよね。

そんな時はv2019.2より使えるようになったこの技を使えばいい感じで対応出来ます。

置き換え対象のビューを選択した状態では、ダッシュボードに配置済みのビューに関しては御覧のように操作アイコンは何も表示されませんが、

ダッシュボードに配置されていないビューをマウスオーバーすると以下の様に、内容を入れ替えることの出来る『シートのスワップ』というアイコンが表示されるようになります。これをクリックすると、

配置、サイズはそのままに、指定したビューの内容が入れ替わりました!ビューの差し替え表示だけしたいんだけどな...という時にはちょうどよい機能ですね。

ダッシュボードコンテナの表示・非表示切り替え

2つ目の機能が『ダッシュボードコンテナの表示・非表示切り替え』です。

サンプルで、以下の様なダッシュボードを用意しました。そしてコンテナ領域となるオブジェクトを一旦ダッシュボードに配置し、

凡例やフィルタの部分をコンテナ上に配置・格納します。v2019.2では、このコンテナ単位で『表示/非表示』を切り替えられるボタンを追加出来るようになっています。『[表示/非表示]ボタンの追加』を選択すると、

こんな感じのオブジェクトが出てきます。このオブジェクトは任意の位置に移動させる事が出来る(初期状態だと左上の方に出る)ので、ここでは右上の方に配置させてみました。表示/非表示は[Alt + Click](Macの場合は[Option + Click]で切り替えが可能です。一回操作すると

以下のように要素が畳み込まれて表示がすっきりしました。もう1回操作すると

先程の状態に戻ります。Vizの表示スベースは限られているので、このような形でエリアを有効に使えるようになるのは嬉しいですね。

まとめ

という訳で、Tableau 2019.2の新機能「ダッシュボード関連の小技機能」に関する内容のご紹介でした。機能としては小さな変更・変化ですが、普段の作業効率軽減が見込める内容となっているかと思います。上手く活用していきたいですね。